理論

一日に行うストレッチ時間は何分が理想か

2020年3月24日

  1. HOME >
  2. ストレッチ >
  3. 理論 >

一日に行うストレッチ時間は何分が理想か

2020年3月24日

ストレッチの目的は悪質な筋線維を断ち良質な筋線維へと再生させることです。ストレッチを行うことにより、血流を促し、隅々の老廃物や余分な水分(ムクミ)を促し代謝を高めることが出来ます。ストレッチの1日の目安はその目的によって異なりますが、目安時間としては25~35分行うことで血流の改善・脂肪の燃焼の効果が期待できそうです。

ストレッチには種類があり、深部までしっかり筋線維を伸ばすストレッチを行い良質な筋線維の数を増やすたように1日に時間をかけて行うことが大切です。

ストレッチを行うといままで活性化していなかった筋線維が活性化され血液を循環させる働きが高まります。隅々まで血液が行き届くことで不要な筋線維や脂肪水分などが代謝されダイエット効果も期待できます。

運動をはじめてから20~40分間の間で脂肪燃焼効果が高まるといわれています。そのためストレッチもそのくらいの時間を目安に行うことを推奨しております。

その間にはなるべく質の高いストレッチを行えるようにHPで紹介していきますので、是非ご覧ください。

1日に行うストレッチの具体例

1種類のストレッチの静的なやり方では、1分間を目安に行い、動的なストレッチでは、20~30回の反復刺激を2セット目安に行います。

1日のうちに全身にストレッチをかけるならなるべく大きな筋肉を意識してストレッチをかけると効果的です。

大きな筋肉

などが代表される筋肉

1日のストレッチは分割しても大丈夫
朝15分夜15分など1日のうちに30分を目安に行ってみてください。

-理論