fbpx

ブログ

セルライトについて

投稿日:2019年8月14日 更新日:

~競技力低下だけではない~

難燃性の皮下脂肪の蓄積は競技パフォーマンスの低下・認知機能の低下・集中力の低下・ケガに繋がるなど様々な身体機能を低下させてしまいます。

セルライト

セルライトとは体表に現れる皮膚の凸凹の変化のことをいいます

ABOUT セルライトとは

~代謝に問題~

セルライトは皮下に蓄積した脂肪であり、脂肪と皮膚をつないでいるコラーゲン繊維が引っぱられた状態で美容の問題だけでなく、代謝に問題を引き起こします。

様々な原因

  • 食生活の問題
  • ホルモンバランスの問題
  • 運動不足の問題

など

セルライトの様々な問題

~機能低下を引き起こす~

代謝に問題がおこると食べたものが消化不良をおこしやすくなり、身体に老廃物として蓄えてしまうクセが付いてしまいます。筋肉力と集中力などは相関関係があり、セルライトの付着は老け体質の始まりにもなります。

若若しくいるためにも、このセルライトを燃焼させることが大切です。

考えられる機能低下

  • むくみ
  • 冷え
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 自律神経失調症
  • 精神不安定
  • イライラ
  • むかつき

など

どういう人に多い

  • 身体が硬い人
  • むくみやすい人
  • 背中が硬い人
  • 冷え症の人
  • 食生活の乱れている人

脂肪が付着し代謝が落ちると体が硬くなり、疲れやすい、集中力が落ちる、眠い、などすべてそういった不調も脂肪の問題がじつは考えられます。

 

セルライトを燃焼させる

~代謝されにくい原因は~

燃焼・代謝されにくいといわれるセルライト。その一番の原因は、筋肉量など血流の低下のしやすさが問題。

筋肉の量が代謝と関係する

筋肉は絶えず働き、血流を全身に送り届け、心臓まで血液を戻す役割があります。しかし筋肉のポンプの働きが低下していたり、筋肉ポンプに異常があれば、その部分の血流は一時的に阻害される事になります。

水溜まりが原因

血流が滞ると、その部分には余分な老廃物(代謝されない栄養や回収した細胞)などが蓄積しやすくなります。ダムとなり、筋肉内や皮ふ内に脂肪を溜めこむ水溜まりを作ってしまいます。それが、セルライトの原因となります。

~セルライト4つの燃焼方法~

食事

たまりやすい水溜まりが出来ている状態で、さらにその部分に燃焼しにくい食事を重ねていくと、セルライトは燃焼されません。

ポイント

食べる時間を調整し、空腹時間を作ることも大切です。主に、食べたものは炭水化物は12時間・動物タンパクは6時間・植物性タンパクや野菜は3時間という目安を覚えておくと良いでしょう。

朝昼晩しっかり炭水化物をとることは胃腸の負担となり、余分なエネルギーが身体に蓄積しやすくなります。

運動

脂肪を燃焼させるためには運動は大切です。通常食事制限だけではセルライトは代謝されない(されにくい)ものと考えて下さい。

ポイント

筋肉のポンプの働きを正常な状態へ戻す必要があります。過負荷の運動は必要ありません。正常な筋肉を損傷させるほどの運動は必要はありません。筋肉に反復性の負荷をかける。または、筋肉に一定以上の伸張性を与える必要があります。

深部まで伸ばすストレッチやPNFストレッチや動的なストレッチなど

自律神経

自律神経は交感神経と副交感神経からなります。血管の緊張と弛緩をコントロールしていたり、胃腸の働きをコントロールしているものです。自律神経を整える方法がわかれば、運動以外にも安静時や就寝時にも身体を綺麗にしてくれます。

ポイント

自律神経は脊柱からでます。脊柱の可動域の改善をすることが出来る胸椎回旋ストレッチや背筋運動や姿勢を改善する体幹運動などです。

方法などは、くまのて接骨院に来院した方に教えています。

施術

施術は身体の炎症を抑制させたり、自分では気にならない身体の滞りの解消や身体のバランス・姿勢の改善などを行い、セルライトの燃焼を早めることが出来ます。

ポイント

美容やメンテなどの自費診療があります。気になる方はお問い合わせください。

~ひとりひとりの健康のために~

施術だけが当院の役割ではありません。ひとりひとりの未来に役に立つアドバイスを行う事が出来れば、2倍3倍喜びになるのは患者様だけでなく、私もです。

セルライトは女性に圧倒的に多いです。女性の健康はやはり大切です。ホルモンバランス・自律神経など身体の不調を招く原因を改善することアドバイスも行っています。

ご相談下さい!

 

-ブログ

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.