新しいくまのてに

5月31日で14周年。4月すべては整い、新しいくまのて向けて始動。価値あるすべての情報を公開します。

施術力について

当院は、施術力(ヒーリング)と技術力(テクニック)により痛みの因果を捉え、自然に治癒が促進される施術を行います。

症状の軽快を自覚しやすくするためには、ヒーリング(施術力)を使う必要があります。

施術力は、ヒーリング(healing)
ヒーリングの語源は全体(whole)の癒し(heal)になります。
全体というのは、体と心と思考すべてのことを表します。
痛みの改善にはこれらすべての治癒を促進させることが必要です。

技術力は局所的な部位に対してテクニックを施すのに対して、施術力は問診・視診・触診によりその人の状態を創造する思考的な治療となります。

技術(テクニック)を施しても、脳でその痛みを認識していなければ、癒しのエネルギー(自己治癒力)は促進されません。

例えば、
肩の痛みを伴っている人に、局所的なテクニックを使って治療しても、症状の変化を感じられない場合があります。
それはよくあることで、症状の変化を感じられない場合、治療を肯定的に進められないリスクがあります。
そうならないようにするために、ヒーリングが必要です。

ヒーリングは強制的な癒しではなく、自然な癒しを促進させる技術です。

技術力がなくても、ヒーリングさえうまくいけば治癒を促進させ、心地よい関係性を築くことも出来ます

テクニックがなくても痛みを軽快させることは出来ますが、当院は、強制的な治療を施す対症療法だけではなく、自然な治癒力を促すために原因療法を施します。更に、その良い状態を維持管理してもらうメンテナンスを行い、生涯に渡り健康維持に寄与します。

ヒーリングとテクニックを駆使することで、強制的な通院ではなくなり、お互いにとって心地よさと信頼性(コンフォート)が生じます。
ひとりひとりの痛みや不安が軽快します。

ヒーリングの方法

ヒーリングは主に問診・視診・触診による治療のことを指します。

ヒーリングは基本に忠実であり最もシンプルな方法です。

ヒーリングの難しいところは、術者の創造力が痛みの改善に必要だからです。
専門的な知識や今まで培った技術が患者の治癒を促進させます。

痛みは、原因と結果を指す因果により生じる。

痛みで考えた場合、因はなぜ生じたのか?その結果痛みを引き起こしたことになります。
何か原因があるから痛みが生じたわけですが、それを専門的にみた場合に、それが因果とどのような関連があるかみてみましょう。


腰が痛くて病院に行き、原因を調べてるために、レントゲンを撮りました。
結果的に、あなたは狭窄症の疑いやヘルニア所見があると言われました。
さて、その所見は原因でしょうか?
違いますよね。それは原因ではなく結果です。
何か原因があり、画像上所見が生じたものなので、原因を調べるなら更に狭窄症を引き起こした原因を突き詰める必要があります。

原因はとことん突き詰めなくては意味がない。

痛みは因果応報なので、過去の因を正確に捉え、痛みの原因部位を的確に施術することで自然と症状は軽快し、未来にも果報(価値)が生じます。

その主な方法が、最も基本的な問診・視診・触診となるため、これらを怠る場合には原因を把握することは絶対にできません。

痛みは過去の因が関係しますので、その人の過去に遡って想像し、原因を突き詰める事が大切です。

実は、多くの人は、原因を遡って考えてはいるのですが、正確な原因を突き詰めるのは、ヒーリング力が必要なので、原因を突き詰めるのは容易ではありません。
ほとんどの施術家は現代医療に惑わされているので、基本的な問診・視診・触診を怠りヒーリング力は低下しています。


腰に痛みが出た。
「あの時のあれが原因かな。」
「歩き過ぎたことが原因かな」
など

ほとんどの医は画像上所見に問題があれば、それ以上の追求はしませんし、基本的な問診・視診・触診の方法も知りません。

物理は創造的なもので、医学は知識的なものです。
物理は自然的なので、医学は強制的なものです。

痛みの原因はネットや情報空間にあるわけではなく、ひとりひとりの体から生じるものなので、痛みの原因を見つけるには、その人に問診・視診・触診を行う必要があります。

加えて、患者の癒しのエネルギーを促進させることを、自然治癒と言いますが、自然に治癒を促進させるには、強制力による治療はいずれエネルギーを失うのが原則にあり、当院の概念は自然治癒そのものともいえます。強制的な治療を行う場合は、対症療法の域を出ません。
そのためヒーリングをしっかり行い、治癒を促進させるためのエネルギーが生じれば、心地よい関係性(プラシーボ)により更に治癒が促進されます。。

当院の価値一覧