腰痛について

当たり前ですが、腰の痛みを訴えるものを腰痛といいますが、必ずしも腰が悪いとも限りません。

  • 姿勢の崩れから来る腰痛
  • 柔軟性の欠如から来る腰痛
  • 脊柱の問題からくる腰痛
  • 浮腫みからくる腰痛

様々な身体の問題が腰痛を引き起こしています。

また当たり前ですが、それぞれの腰痛に合わせた適切な処置をしない限り、早期改善や根本治療は難しいです。

痛みの種類も様々

  • 動かす痛みがある腰痛
  • じっとしていても痛みを伴う腰痛
  • 左右差のある腰痛
  • 慢性化したもの
  • 急性期の腰痛

腰の痛み方の違いからもどのような腰痛か把握することが出来ます。

西洋学からみた腰痛の種類

  1. ヘルニア
  2. 脊柱管狭窄症
  3. 分離症
  4. すべり症
  5. 筋筋膜性
  6. 仙腸関節炎
  7. 腰椎症

西洋学では主にレントゲン診断から腰痛のタイプを分けていますが、前述した症状と一貫した痛みを伴う事はありません。

ヘルニアだから真ん中の部位が痛いとか

すべり症が見つかったから常に痛みを伴うとか

診断から一貫した症状が出ない限り腰痛の原因が必ずしもヘルニアや脊柱管狭窄からくるとは限らないという事です。

レントゲン診断は骨の状態を把握する事が出来、下肢への神経痛を引き起こす可能性は十分にあります。手術が必要なのか。手術をしなくても治るものなのか。手術をしなくても治るなら当院での施術力が大変重要視されていきます。

腰痛を来たしやすい部位

 

腰痛の主なポイントを紹介

⑥仙腸関節炎
⓻起立筋の肉離れ
⑧仙骨上の炎症

痛みの場所と悪い場所は違う

仙骨に浮腫(うっ血)を伴っている人はとても多いです。仙骨上の問題は股関節の可動域の低下や下肢の筋緊張や下肢の血流障害を来たします。仙骨に問題が出ることで腰に痛みを引き起こすことが多いです。

痛みを伴う場所と実際に悪い部位は違うために、症状の見極めが大切です。

腰が悪い場合には

施術方法

効果
スーパーライザー照射 近赤外線の照射により腰痛の炎症や可動域改善に役立ちます。
バランス療法 身体の歪みを整えることで疼痛緩和や脊柱の正常な状態を作ります。
ストレッチ療法 筋肉を適切に伸長させることにより、柔軟性を向上させ予防にもつなげていきます。
食事療法 血流・代謝障害は腰痛を悪化させます。

当院はスーパーライザーを使用した腰痛治療を行っています。一番の効果は即効性と持続性があり、急性症状・慢性症状関係なく、どんな腰痛にも効果的である点です。

腰痛施術の特徴

施術の流れ

  • 身体のバランスのチェック
  • 重心のチェック
  • 炎症部位の把握
  • 痛みの部位の把握
  • 関節の可動域を把握
  • 上記の状態を説明し施術ポイントを説明
  • 身体のバランスの改善
  • 炎症部位へ近赤外の照射
  • 動作軽快の確認
  • おすすめの対処法を指導

症状を確認しながら完治を目指していきます。

腰痛でお困りの方

関節痛の代名詞ともいえる腰痛。腰痛の施術はどこの接骨院も力をいれ取り組んでいるかと思いますが、効果の違いを求めるなら当院にご相談ください。幅広い引き出しをもち、あらゆる腰痛の根本治療を目指していきます。

どこに行っても治らないならくまのてへ

患者様の声

2019年4月13日

Copyright© くまのて接骨院 , 2020 All Rights Reserved.