fbpx

~腰痛が治らない。そのワケは~

適切な部位に適切な治療を施せば腰痛は改善します。腰痛はひとによりタイプが異なり、そのタイプをまず見極める事が腰痛改善の第一歩であり、治らない原因も腰痛の原因を見誤っているからです!

腰痛治療はくまのて接骨院

CAUSE 腰痛の原因は

~腰痛の見極めが難しい~

姿勢・筋力・バランス・骨盤・柔軟性・脊柱管狭窄症・ヘルニア

腰痛の原因は上記のように様々です。腰痛は〇〇ですとひとつに絞ることはできません。

腰痛患者

疼痛緩和肢位をとり、炎症部位は右腰椎の下部、強い圧痛も確認し体前屈は困難、背屈よりも前屈でも痛みが強い。左L5の神経性の筋緊張や圧痛、右は坐骨神経に筋緊張あり。

原因はひとつではない

  • 柔軟性の低下
  • 脊柱の歪み
  • 筋肉の炎症

などあるがさらに

  • どこの関節の柔軟性の低下か
  • どこの脊柱に歪みがあるのか
  • どこの筋肉が炎症を起こしているのか
  • そのほかリンパや身体の滞り箇所はあるのか

~細かく診てくれる病院や接骨院は少ない~

病院でレントゲン上異常があったとしても圧痛部位や筋緊張や関節の可動域など動作痛は必ずみなければなりません。多くの病院は西洋学的な検査で終わり、多くの接骨院は腰痛を細かく見極めるための検査を行いません。

腰痛検査

当院腰痛検査

  • 左右の可動域をチェックします
  • 痛めている筋肉の圧痛部位をチェックします
  • 脊柱の歪み箇所を触診します
  • 骨盤の歪み炎症部位をチェックします
  • 動作痛をチェックします

最低初診時でもこれだけのチェックを瞬時に把握する経験を得ています。

自分の状態を知ることが大切

レントゲンは骨を写す装置です。また投薬や注射に頼りたくない場合にも、レントゲン以外の身体の状態を知ることは必ず今後の腰痛予防にも結び付きます。

その時だけ治ればいいのか。今後腰痛にならない身体にしたいか。それだけでもくまのて接骨院を選択する価値は十分にあります。

TREATMENT  腰痛の施術

~見極めた後は~

原因や身体の状態を把握できたら、あとはその原因を取り除く適切なアプローチを行うだけです。

方法を間違えれば治らない。

マッサージやカイロ単なる低周波だけで治る腰痛もありますが、悪化する可能性も十分あります。施術者として来た患者様が悪化して帰ることを望んでいる施術者はまずいませんが、腰痛を悪化させたことのない施術者はまずいないです。

~腰痛を悪化させるポイントがある~

腰痛治療を行っていれば悪化させるポイントがあることも経験で学びます。

スーパーライザー照射

例えば

図のように脊柱にずれがあるような腰痛の場合には、バランスが崩れ炎症を伴っているので、その炎症部位近くの筋肉を緩めようとすると、腰が抜けて立ち上がれなくなることがあります。

こういう悪化した原因がわかっていれば対処することもできますし、前もって様々なリスクを減らすことは患者様との信頼関係にも繋がる部分でもあります。

【経験・説明・信頼・技術】

腰痛の施術方法

治療法効果
スーパーライザー照射近赤外線の照射により腰痛の炎症や可動域改善に役立ちます。
バランス療法身体の歪みを整えることで疼痛緩和や脊柱の正常な状態を作ります。
ストレッチ療法筋肉を適切に伸長させることにより、柔軟性を向上させ予防にもつなげていきます。
食事療法血流・代謝障害は腰痛を悪化させます。
関節可動域テスト(PAS))
詳しい施術方法についてはこちら

続きを見る

~腰痛の4つの流れ~

腰痛施術の特徴

しっかり治す

第一にまずは良くなること。

第二に腰痛予防すること。

第三に生活の質や競技の質が向上すること。

第四に周りにもいい影響、循環が生まれること。

~腰痛治療でお困りならくまのてへ~

当院は2階にあり、腰痛の方は来るのがつらいかもしれませんが、しかし帰りは身体が軽くなることを実感して頂く治療を行っています。痛みがとれる喜びを分かち合うことが当院の喜びにも繋がります。

どんな腰痛でもお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

患者様の声

どういう方が当院に合っているか

  • どこにいっても治らずお困りの方
  • 多忙な方・通院が困難な方
  • 治してもらいたいではなく、治りたい気持ちが強い方
  • 整形外科が信用出来ない方
  • ストレッチ法などを知りたい方
  • 生活の質(仕事の質)をあげたい方

など気軽にご相談下さい。臨機応変に対応致します!

投稿日:2019年4月13日 更新日:

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.