新しいくまのてに

5月31日で14周年。4月すべては整い、新しいくまのて向けて始動。価値あるすべての情報を公開します。

腰痛戦略について

まだ他の項目は作成中です。まだしばらくかかりそうですがお待ちくださいませ。

腰痛戦略は大きく

  • 「知る」
  • 「癒す」
  • 「治す」

の3部に分かれます。

はじめに

腰痛戦略は以下の方におすすめです。

  • 慢性難治化した腰痛
  • 色々な接骨院や治療院に行ったが治らず、結局対症療法になっている方
  • 腰に不安があり、もう治らないとあきらめている方
  • 遠方でお近くに良い接骨院がなく、自力で治したい方

もし、あなたが施術する側なら、腰痛戦略「治す」をお待ちください

「癒(いや)す」では、主に5つの部位にわけて腰痛対策致します。

各部位の「知り癒す」を知り、自分で実践し、腰痛を自身で軽快出来るように仕上げたものです。

内容は知って⇔癒すの繰り返しで自然治癒力を高めます。

あなたがどこに問題を起こしているのか、私は見てないので分からないので、自分で自分を知り見つけてもらう他ありません。

そのため、どの腰痛戦略を読めば、私の腰痛は治りますか?と質問されても分かりかねます。ひとつずつ試してもらう他ないのですが、コストが気になる方はまず、「腰痛のコストを知る」(※準備中)をお読みください。

腰痛の分類

知るというのは、肉体だけに留まりません。
「思考」「精神」の構造戦略も知る必要があります。

以下の5つの部位に分類し、それぞれ対策し「知り癒す」必要があります。

  • 下肢
  • 骨盤
  • 腰部
  • 背部
  • 上肢

腰痛は腰だけを癒せば良いわけではありません。
本当に思わぬ部位が腰痛に繋がっているので、過去の問題からすべて思い出し、対処し、未来思考を築く必要があります。

代表的な過去の例

  • 学生の時のケガや激しい運動をしていた
  • 運動していなくても、長年手作業をしている

どんな些細なことでも、それが腰痛の元になっていることは考えられます。
それは自然(身体も自然)を理解し、知ることが出来れば、わかることです。

腰痛戦略は、全身を知り自然に治癒力を高め、癒しのエネルギーにより治癒に繋がる戦略となります。

あなたの腰痛は必ず良くなります。

腰痛の前に知ることがある

まずは、知るために、腰痛戦略「知る」(準備中)からお読みください。
※今のところ無料ですが、有料化も考えています。

難治の腰痛の方の特徴です。

  • スポーツをしたことがある方
  • 意地(維持)になって続けていることがある方
  • 足が慢性的に浮腫んでいる方

多くの人は腰の問題は腰にあると思っています。
施術家のほとんどもそう思っているので、無理ありません。

なぜ、当院はそんなことが分かるのか?

それは真理だからです。
多くの人は言葉に惑わされ、施術家も同様に惑わされています。
自然を理解すれば、今だけでなく、過去も未来も大事なことが分かります。
痛みの問題が局所にあり、専門的な知識や技術により痛みが取れると思っているうちは、言葉だけを理解しているだけで一生治りません。
まずは自分の体を頭で理解するのではなく、身体で知ってください。

なので、「癒す」「知る」とも、なるべく専門用語を使わずに説明します。

まず、あなたがどこに問題を起こしているか知ることが出来れば、あなたの痛みはそれだけで自然な癒しによる治癒するエネルギーが促進されます。

「あなたはまだ自分のことを知らないだけなのです。」

知らないので、病院や他の接骨院で以下のように言われます

  • 骨盤がずれているからです
  • 狭窄症があるからです
  • 股関節が硬いからです
  • 腰椎が反り過ぎているからです
  • 腰が丸まっているからです
  • 血流が悪いからです

その言葉に惑わされているから、当院に来る時には、その言葉を使い説明しようとします。

そのうちに、
諦め諭されるように、あなたは腰痛があることが当たり前だと認識され、痛みを改善することを諦め、腰痛と付き合うようになります。

そのような思考になっている場合、まずあなた自身が腰痛が治る方法があることを知り、癒しのエネルギーに変える必要があります。
そのことを知らずに、レベルの高いテクニックや名のある技法を使っても治りません。

当院の価値

私は、長年腰痛治療をしているので、ひとつの症状が様々な問題を引き起こす事を知っています。
なので、私の目指す「社会の健康」の取り組みのためにも、腰痛戦略を構築し未来に繋がる取り組みの手始めとして腰痛戦略を構築します。

腰痛は別の問題から起こり、別の問題を引き起こす

考えらえる問題

  • その他の関節の変形
  • 神経痛
  • 気力の低下
  • 運動競技力の低下
  • 慢性炎症による花粉症などアレルギー症状
  • 循環不良による脳や心臓の負担
  • 認知症
  • 自律神経失調症

ひとつの問題が、次々と問題を起こしていきます。
ひとつの問題が、不健康に繋がります。

健康と自然は似ています。


腰痛に長年問題を抱えていた人が来院した際、スポーツによる問題で足首は不自然にかたまっていました。もちろんそれは本人はなんとなく理解しているが、それが腰痛の問題とは考えません。その部位にテクニックを使えば、腰痛の問題はたちまち解消し、そこに問題があったことを本人が知ることが出来ます。そのことを知ってもらうためにヒーリングを使い、知ってもらうことが出来れば、更に共同して自然治癒力が高まります。

ひとりの腰痛を健康にすることが出来れば、その方は腰を気にせず働くことができ、お金を稼ぐことが出来ます。
それが家族や職場の仲間にもいい影響を与えますし、会社全体の売り上げにも繋がりますし、社会全体の健康に繋がれば未来や私たちにも繋がります。

ある意味、私はそのことを知り見えてしまったから、やれる限りのすべての戦略を残していきたいと思います。

「癒し」の説明

あなたの腰痛の問題は、今、私には分かりません。

お近くの方は、まず来院し通院してもらうのが一番良いのですが、そうもいかない方のために、腰痛戦略を提供致します。

当院の施術は60分7200円という相場観なので、ひとつのテーマでそれくらいの金額を想定しています。

それぞれの簡単な説明

下肢

あなたが過去に運動(とくに走る・飛ぶ運動)をしていた場合は、お試しください。

骨盤

あなたが女性で、生理周期の度に腰痛を起こす場合にお試しください。

腰部

あなたが、今、一定の動作で局所的に痛みを伴う場合にお試しください。

背部

あなたが、ひねりのスポーツをやっていたり、高齢(70代以上)である場合には、背部をお試しください。

上肢

背部と同様、あなたが道具を使って、何かスポーツや楽器などを長年やっていた場合にお試しください。

上記の説明でもわかるように、あなたが過去にやっていたことにより、腰痛を慢性化難治化している可能性があるので、まず、それらの問題を捉えなくては、対症療法となり、いつまでも治ることはありません。

腰痛戦略の構造

当院のすべての痛みや不調は、概念に準じプロセスも同様です。

気になる方は、まず戦略をお読みください。

戦略コンセプト

終わりに

皆さんスポーツは何のためにやっていましたか?
そのスポーツにより、良いこともあったし、それにより今の仕事や家族に繋がりが持てた人も多いと思います。
しかし、そのスポーツは健康に繋がるものではなく、健康を害するものになることも考えてください。
当たり前ですが、体を大きくし、筋肉をたくさんつければ、心臓や血管には負担になります。
小さいうちから、無理に道具を使ったスポーツをやれば、肩や手などの関節は癖がつきこわばります。
体が出来ていないうちに、無理に運動を繰り返せば、あちこち痛みやケガにつながり、とても競技力を向上させることはできず、その痛みのせいで、生涯、障害を抱えるリスクだってあります。

なぜ、あなたの身体は硬くなったのでしょうか?

スポーツは体に良いことがあるのは間違いないです。
それは精神的にも、思考的にも、肉体的にも、いいはずです。
しかし、現代スポーツは、特に勝ち負けを気にして、競い合い、スポーツが健康を害するとはだれも思っていません。

スポーツをしていて身体が痛いのは当たり前でしょうか?

痛いのは異常なことです。
身体に異常があるから痛いのです。その異常を異常と捉えず、問題を解決せずに、無理に運動を続けるから身体は硬くなるのです。
私は特にスポーツには思い入れがあります。
私がやりたいことにスポーツ戦略があります。
体を痛めないように競技を続け、自分と比較して、成長するのがスポーツです。

まずスポーツは元々不公平なものなので、誰かと比べてやるものではなく、自分が成長するためにやることだということを知って認識してください。