青葉台駅徒歩6分ご案内

診る・治す・繋がるくまのて接骨院の特徴

ご紹介

当院のテーマとは「原因を診る」「しっかり治す」「喜びに繋がる」

ABOUT

青葉台くまのて接骨院院内写真

サービス案内

サービスの考えとは「奉仕する」「提供する」「誰かのための助けになること」

SERVICE

足首捻挫施術

特徴強み

その方を生涯に渡りフルサポート出来る技術と知識と情熱が基本。すべてに精通する接骨院を目指し日々切磋琢磨しています。

STRENGH

特徴・強み

自律神経血管状態を測定

自律神経血管健康度測定マックスパルス

自律神経と血管状態を読み取り施術に活かす接骨院。
生涯の健康美容の価値を高めるためにも身体の状態を知り未病を防ぐことに繋がります。

自律神経血管状態測定

くまのて接骨院で使用するメディチャーライトは近赤外線を使用した物理治療器です。

コラーゲンレーザーメディチャーライト

光と電気を組み合わせたメディチャーライトの特徴は、深層から浅層に渡り効果の高い光の波長を選択し、更に電気と組み合わせることで今までにない即効性持続性を伴う物理治療器です。

メディチャーライト

ストレッチ方法

ストレッチ指導方法

一般的なストレッチとは異なり、ストレッチの効果を最大限に活かす豊富なストレッチ知識と技術を指導致します。実は疼痛や不調の症状に対して正しいストレッチのやり方もあります。

ストレッチについて

小顔・脚むくみ・ヘッドスパ

美容施術

疼痛施術を得意とする接骨院が美容施術では、皮膚の状態・筋骨の状態を正確に把握する診る技術によりその人要望に沿った満足度の高い施術を提供することが出来ます。

スポーツ選手・俳優・海外などでも少し話題になっているメディチャーライトを使用、手の届かない部位に効果的な施術を行います。

美容施術について

対応疾患/その他

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 聴力低下予防
  • 肩こり
  • 胃腸の不調
  • 関節痛予防
  • 柔軟性向上
  • 股関節可動域向上
  • 脚ムクミ
くまのて接骨院の診療時間朝8時半から夜20時まで日曜診療もあり
朝8時半から診療しており日曜も定期的に診療中

カテゴリ

脚むくみ

むくみ

脚が細くなる施術と脚のむくみについて

2022/5/25

むくみは筋肉のポンプの働きが低下しているところに発症し、むくみの有無は筋肉の状態を知る手がかりになり ...

腱板

肩・上腕部疾患

肩の痛みとローテーターカフ(回旋筋腱板)

2022/5/18

。回旋筋腱は棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋の4つの筋を合わせてローテーターカフといいます。そのほかにも肩の痛みと関連する筋肉に上腕二頭筋腱・上腕三頭筋腱・烏口腕筋などがあります。

圧痛確認

痛み・原因

すべての痛みや不調に繋がる?圧痛について

2022/5/18

炎症には発赤・熱感・腫脹・疼痛だけでなく、圧痛もあるということも覚えておいてください。圧痛を把握し未病を予防する役割も接骨院にあります。

ジャンパー膝

ひざ痛 腱炎・腱鞘炎

ジャンパー膝の原因と鑑別診断

2022/5/18

ジャンパー膝は膝蓋骨を覆い脛骨に付着する膝蓋腱炎の炎症|その影響が多岐にわたると難治化され慢性化しやすいのも特徴|

ランナー膝女性

ひざ痛 腱炎・腱鞘炎

ランナー膝が治りにくい原因

2022/5/18

ランナー膝は【腸脛靱帯炎】【膝蓋大腿疼痛症候群】といわれランナーに多い膝の疾患のひとつです。どこにいっても治らない痛みなどご相談ください。

もっと見る

ストレッチ画像

理論

ストレッチはいつするのがいいか?

2022/4/21

『ストレッチはいつするのが最も効果的か?』 それはストレッチの目的によって異なります。 ストレッチに ...

姿勢を整える胸椎運動のやり方②

体幹 動的 方法

子どもの歪みの改善に必要なトレーニング④胸椎運動

2022/5/1

子どもの姿勢の改善に役立つ胸椎運動の方法をご紹介致します。

骨盤底筋トレーニング

体幹 動的 方法

子どもの歪みの改善に必要なトレーニング③骨盤底筋

2022/5/1

子どもの姿勢の改善①②に引き続き第③段をご紹介致します。 子どもの姿勢の改善に必要なこと①背筋トレー ...

お尻上げトレーニング

体幹 動的 方法

子どもの歪みの改善に必要なトレーニング②お尻上げ

2022/5/1

子どもの姿勢の改善第二弾トレーニングを紹介。

股関節の可動域をチェック

下肢 方法 静的

太もも裏(ハムストリング)のストレッチの仕方(動画)

2022/5/1

ハムストリング(太もも裏)の動的ストレッチの仕方を動画で紹介されています。

もっと見る

院長活動

正しい姿勢

良い姿勢の最低条件は背骨・肩の位置・下肢の軸

2022/8/8

『背筋を伸ばしなさい』『胸を張りなさい』では身体は柔らかくならない。

もっと見る