膝痛

オスグッドの成長期の痛みもお任せ下さい。

成長痛は治らない?

そんなことはありません。

当院をお頼り下さい。

予約はこちら

成長期に多いオスグッドですが、本当の原因は成長ではなく、それに伴う柔軟性の問題や姿勢の影響です。早期に対策をする事で早期改善も可能です。気軽にご相談頂ければ、競技力向上も踏まえてしっかりサポートさせて頂きます。

オスグッドの痛みの場所

オスグッド病(成長痛)イラスト

膝蓋骨を覆うように大腿四頭筋腱が膝下の脛骨粗面に付着します。その脛骨粗面に過大な牽引力が加わることにより成長軟骨が剥離し炎症する痛みをオスグッド・シュラッテル氏病と言います。

痛みの原因は2つ?

  1. 柔軟性の問題
  2. 姿勢の問題

成長期と重なる悪い習慣

姿勢の悪化が問題

中学生頃は身体が硬くなりやすい年頃です。姿勢が悪いままゲームを続けたり、座っている時間が長かったり、運動をしていても柔軟体操を怠っていたり間違えた方法で指導を受けていたりと、身体も急に大きくなる成長期の頃と様々な悪要素が重なるタイミングにオスグッドを発症してしまいます。

年齢と姿勢と柔軟性などの問題が重なり発症

2つ問題を解決しながら治療

  1. 柔軟性や姿勢などの問題
  2. 剥離炎症してしまったケガの部分

オスグッド写真

常に牽引ストレスにさらされたまま運動を継続していては治るわけはなく、さらに悪化すると大きく膝下が腫れてボコッと骨が突出してきます。

ミルフィーユ状に炎症が重なり難治化

オスグッドの施術方法


  • step.1

    消炎鎮痛

    微弱電流と近赤外線を使い、炎症部の消炎と鎮痛をまず促進させていきます。


  • step.2

    姿勢や歪みの改善

    身体のバランスを整えるだけ初期のオスグッドでしたら痛みが軽快することがあります。


  • step.3

    ストレッチ法

    早期改善と競技力に繋がるように、適切なストレッチ法を指導致します。

  • ★必要な施術期間を得て触る痛みが無くなれば治癒となります。

 

 

施術期間

  • 軽度 1~2週間
  • 中度 3~4週間
  • 重度 1~2カ月

軽度 運動時の痛みもないが触ると少し痛みがある

中度 運動時に痛みがあるが歩行痛はない触ると腫れてボコッとふくらみを感じる

重度 歩行時にも痛みがあり明らかにボコっとふくらみ触るだけで激痛が走る

重度かするほど治りも悪いですし、徹底した取り組みが必要になります

治療法 効果
近赤外線照射 近赤外線の照射は急性期・炎症期にも使用する事が出来、腫れや凹凸の修復に効果的です。
重心療法 足首が硬く重心が崩れている人が多いです。
ストレッチ療法 筋肉の伸張性を得る必要があります。ストレッチは筋肉のポンプ作用の改善にも有効です。
食事療法 食事療法は早期改善を目指すなら有効です。足のむくみ予防、柔軟性の改善にも繋がります。

オスグッドの痛みでお困りなら当院へ

オスグッドでお困りの場合には、身体づくりと一緒に柔軟性の改善を一緒に行っていきます。

骨の痛みの部位にも炎症抑制効果の高い光を照射し早期改善と根本の痛みをサポートしていきます。

予約はこちら

-膝痛
-

© 2020 くまのて接骨院