fbpx

オスグッド病(膝)などの成長痛といわれるものは成長期に多いだけで当院はストレッチ法とスーパーライザー照射により完治と再発予防を行っています。

~あきらめる必要はありません。~

オスグッド病(成長痛)イラスト

オスグッドの症状

~脛骨粗面に過大な牽引性のストレスが加わることで発症~

オスグッドは膝下の脛骨粗面といわれる大腿四頭筋腱の付着部の剥離を伴う成長期に多い骨端症のひとつです。バスケ・サッカーなどのスポーツに多く、症状が進行すると剥離と伴に骨が突出し歩行困難なほど重症化します。

進行症状

  • 主に膝の下の骨に痛みを伴います。
  • 隆起(剥離)してくる前は運動をしても痛みが無い事もあります。
  • 初期の頃は膝の屈伸には制限がないことが多いです。
  • 重症化すると膝の屈伸にも制限。歩行時痛も強くなります。

オスグッドの原因

~ジャンパー膝との鑑別も必要~

オスグッドは男児に圧倒的に多いです。身体の成長に伴い、柔軟性の欠如が起こりやすい時期とオーバーユースが重なることで発症します。大腿四頭筋の柔軟性を指摘されますが、大腿四頭筋だけでなく、ハムストリングやアキレス腱なども柔軟性が低下している場合もあります。

成長期だからしょうがない?

成長期は骨も柔らかく剥離しやすいのは事実です。しかし、治癒も予防も可能です。

オスグッドになりやすい人の特徴

~以下の4つの改善が時に必要~

  • むくみ
  • 姿勢
  • 食生活

 

むくみが原因

オスグッドになりやすい子は柔軟性の低下から血流も悪くなっています。筋肉は血流を運搬する筋ポンプの働きもあるため、筋肉の柔軟性の低下はむくみを助長させます。筋肉のポンプの働きが低下し、足に不必要な水分を溜めこみ浮腫んだ状態は脛骨粗面にストレスがかかる原因になります。

姿勢が原因

背中の丸まりは脊柱起立筋のストレスにもなりますし、腰椎への過度の負担は股関節の可動域の低下を招きますし、むくみの原因にもなります。

食生活の原因

食生活の改善を行えば早期改善も可能です。もちろん理由は多々ありますが、一番の理由は筋肉の隅々に脂肪が付着しているケースです。筋肉内にこびりついた脂肪は炎症をを招き、柔軟性も低下させます。慢性化した痛みを伴っている人は体脂肪率が高い人も多いです。

 

オスグッドの施術方法

治療法効果
スーパーライザー照射近赤外線の照射は急性期・炎症期にも使用する事が出来、腫れや凹凸の修復に効果的です。
重心療法足首が硬く重心が崩れている人が多いです。
ストレッチ療法筋肉の伸張性を得る必要があります。ストレッチは筋肉のポンプ作用の改善にも有効です。
食事療法食事療法は早期改善を目指すなら有効です。足のむくみ予防、柔軟性の改善にも繋がります。

~脛骨粗面の施術~

当院はスーパーライザーを使用し脛骨粗面の炎症を抑制させる治療が可能です。整形外科では安静を指示され湿布の処方で止まり、他の接骨院では電気治療やストレッチなどを用い患部の施術は行わないケースが多いです。

当院では、脛骨粗面の治療を行い、凹凸ができた粗面の炎症を早期に改善させる治療を行い、即効性のある治療が可能です。程度によっては施術後すぐに痛みを軽快させることもできますし、再発予防も同時に行っていきます。

~ストレッチは有効か~

ストレッチは有効な場合もありますし、悪化させる場合もあります。牽引性の骨への外力が加わり損傷してしまったため、牽引性のストレッチを行えば悪化させる場合もあります。ポイントをすこしだけ説明すると、ハムストリングのストレッチや多くの確率で腰部に炎症をきたしている子も多いため、腰部の炎症または脊柱の状態を整えるストレッチが有効です。

 

関節可動域テスト(PAS))
詳しい施術方法についてはこちら

痛みの原因『歪み』『炎症』『血流』|脊柱バランス療法|物理治療|経絡療法|ストレッチ療法|

続きを見る

オスグッットをしっかり治したい方

  • すぐに治したい方
  • 再受傷したくない方
  • ストレッチなどに協力して頂き競技力向上も行いたい方

横浜市青葉区しらとり台1-8-2階 青葉台駅徒歩6分

2019年6月29日

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.