fbpx

~治し方が大事~

膝の痛みの原因を明確にすることで効果の高い治療を行っている接骨院です。

膝痛の治療

膝痛の治療スーパーライザー照射

TYPE膝痛のタイプ

~膝の痛みは大きく6つ

膝の痛みの種類

  1. 膝蓋大腿関節炎
  2. 大腿四頭筋腱炎
  3. オスグッド
  4. 鵞足炎
  5. 内側関節裂隙炎
  6. 大腿二頭筋or腸脛靭帯炎

半月板損傷など軟骨の痛みもあります。

まずはどこの膝の痛みか検査しましょう。

 

変形性と診断されても

変形性膝関節症と診断されたとしても必ず上記の関節炎または腱炎があります。変形ということに惑わされずに膝周囲の炎症の抑制にまずは尽力するべきです。

レントゲンは骨を写す装置です。診断することは骨の変形や関節の狭小化などです。レントゲン検査だけで膝の痛みの原因を特定する事は困難です。

圧痛部位・可動域の低下・歪み・神経炎など触診や問診でしか分からない原因を明確にしていきます。

膝の痛みの原因は

4つの原因

  • 柔軟性
  • 炎症
  • 歪み
  • 筋力

まずはこの3つの改善をしていきましょう!

柔軟性の低下が原因

柔軟性が低下する事により関節が正常な可動域を失い、関節に負担がかかり炎症を起こしやすくなります。関節が伸びきらない状態または曲がりきらない状態で日常生活を過ごすだけでも、繰り返される摩擦により炎症に至ります。『何もしていないけど痛みがでた』その何もしていないことが一番の問題を作ってしまいます

炎症が原因

関節の炎症状態を触診や視診により把握して行きましょう。膝の内側の関節面なのか。膝蓋骨の裏側なのか。膝蓋腱なのか。どこに炎症があるのかを把握する事で治療部位の正確性が増します。

炎症が先か。変形が先か。

多くの変形は炎症状態が続く事で変形して行きます。まずは変形していても炎症の抑制に尽力を注ぐ必要があります。

歪みが原因

膝関節に歪みがあるのか。足関節に歪みがあるのか。股関節に歪みがあるのか。身体の歪みは関節に支障を来たす事は間違いありません。歪みを整える施術を行うだけでも、痛みが軽減する事例はたくさんあります。

筋力低下

膝周囲の筋力の低下を疑う前に、まずは筋肉の伸張性を改善する事が大切です。筋肉の伸長性をあげれば関節の負担は軽減しますし、摩擦が生じる事も無くなります。筋力の低下がある場合には膝だけではなく、殿部など股関節周囲の筋力を改善する事を意識しましょう。

複数の症状が重なり難治化しているものもあります。

膝痛予防セミナー

膝痛予防セミナーを行いました

 

TREATMENT膝痛の施術

治療法効果
スーパーライザー照射近赤外線の照射による膝痛の炎症や疼痛緩和。
微弱電流治療組織の修復を早めてくれる治療機を併用し早期改善
ストレッチ療法筋肉のポンプの働きを活性化させ関節の動きを正常化させます。
バランス療法身体の歪みを整え膝の負担を軽減させます。

施術の流れ

  • 膝の腫れを確認
  • 膝の動きを確認
  • 股関節や足関節の動きを確認
  • 1~3により施術部位を把握
  • 身体のバランスや重心の改善
  • 近赤外線を照射
  • 照射範囲を拡げ周囲の筋腱へ
  • 必要な運動療法を指導
  • 症状の改善具合をチェックしてもらう
  • 治療を繰り返し完治を目指します。

膝痛でお困りの方

どこにいけば良いか分からない方。施術を受けたが症状が悪化した方。関節内の痛みでお困りの方。手術を行いたくない方。膝の痛みを伴っている状態は生活を不便にします。膝の痛みで困っている方は多く、とりあえず施術を受けている方が多い印象です。当院では、上記の治療の流れにより根本的な痛みの寛解を目指し取り組んでいます。

オスグッドやジャンパー膝・ランナー膝などで来院する方も多いです。痛みなく競技を続けたい方はすぐにご相談下さい。当院が責任もってなんとか致します。

ランナー膝
ランナー膝の治療

~根本治療~ ランナー膝を根本から治すには痛みの原因となる筋緊張を抑制し、膝周囲に溜まった炎症を改善 ...

続きを見る

オスグッド病(成長痛)イラスト
オスグッドの治療

オスグッドの痛みの原因から施術の流れを説明致します。

続きを見る

横浜市青葉区しらとり台1-8-2階 青葉台駅徒歩6分

2019年4月15日

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.