fbpx

限界を感じたらくまのてへ!

膝痛治療

ひざ痛治療の約束

膝痛の原因の特定と種類

膝の痛みと言っても様々なタイプに分かれます。西洋学的な診断名には、変形性膝関節症、ジャンパー膝、オスグッド氏病、鵞足炎、半月板損傷、靱帯損傷などがあります。

しかし膝を痛める原因は別にあり、大きく分けると以下の2タイプに分類出来ます。

  1. 炎症性タイプ
  2. 神経性タイプ

炎症性の膝痛

ほとんどのタイプが炎症性の膝痛です。変形性膝関節症に関しても骨の変形による痛みではなく、多くは炎症性を伴うことによる膝の痛みです。身体の歪みや可動域の低下や筋や腱の緊張が原因で膝関節に摩擦が生じ炎症する事で痛みを伴います。上記の西洋学的な病名はほとんど炎症性の膝痛ともいえます。

炎症する部位により病名が異なります。

  • 脛骨粗面の炎症はオスグッド氏病
  • 大腿四頭筋腱の炎症はジャンパー膝
  • 内側側副靱帯の炎症は内側側副靱帯損傷
  • 膝の内側に多い膝の変形に伴う関節部の炎症は変形性膝関節症

治療部位も異なる為、原因を特定し治療ポイントを特定する必要があります。

神経性の膝痛

炎症性の膝痛に当てはまらない膝痛もあります。これらは西洋学的な診断では説明がつかない為、まとめて膝前部痛のような扱いの診断名をうけますが、実際には痛みの場所と悪い場所が異なっており、実際には身体の歪みや脊柱の変位や筋緊張による神経圧迫により、膝の痛みを伴っているタイプです。

一概には言えませんが、外側の膝痛や膝裏または膝の上の痛みがこのタイプに当てはまることが多く、膝に所見上思ったような炎症や可動域の低下が確認出来なければ腰の変位や歪みを疑う必要があります。

デルマトームというものがあり、脊髄と関連する部位を図のように示したものです。下図のL3からS2(腰椎3~仙椎2)が膝にも影響を与えることがあります。こういう神経の状態まで考慮し治療を行う接骨院はあまりありません。

膝痛神経

膝痛治療のポイント

膝痛の治療には西洋学的な診断を把握する必要がありますが、ほとんどの膝の痛みはレントゲンで把握するよりも症状から把握する事の方が容易です。オスグッドやジャンパー膝などレントゲンで診断を受けても治癒には繋がらず、安静を強いられるケースが大半です。当院では様々な膝痛に対して適切な治療を行う事で早期改善を行っています。
(しかし、膝の前十字の損傷や半月版の損傷が疑われる場合には、鑑別診断のためにもレントゲンではなく、MRIなどで状態を検査する必要があります。)

当院では原因を把握し治療ポイントを特定する事を重視

原因特定のチェックポイント

  • 動作痛の確認
    ~屈伸の機能性をチェック~
  • 圧痛部位の確認
    ~悪い部位をチェック~
  • 股関節の動作確認
    ~膝以外の原因をチェック~
  • 脊椎の変位の確認
    ~膝との関連をチェック~
  • 筋緊張の確認
    ~異常な筋肉の張りがないかチェック~
  • 身体の歪み
    ~歪みの影響はないかをチェック~
  • 腫れの確認
    ~お皿がはっきり見えるかチェック~

膝痛の治療方法

膝痛治療の基本

当院の基本『適材適所の施術方法』です。

1炎症性の膝痛の治療方法

スーパーライザー照射は消炎・鎮痛作用に優れた治療であるため、診断を付けることができれば、適切に照射する事で多くの痛みを緩和させることが出来ます。

2神経性タイプの膝痛の治療方法

痛みと関連する神経の圧迫や炎症を取り除く必要があります。身体の歪みや筋肉の緊張による神経圧迫を上記のバランス療法やほぐし、ストレッチ療法などをもちいて機能を正常化させていく事で治療して行きます。

※痛みが取れにくい難治の膝痛は1、2が複合されているケースもあるため、さらに経絡や時に食事療法などを行う必要があるケースもございます。

膝痛治療の喜びの声

70代女性膝痛喜びの声
70代女性の声|膝痛

痛みがとれてなによりです!

続きを見る

膝痛治療おまけ『予防が大事』

多くの膝痛は予防する事が出来ます。

変形性膝関節症も痛みを伴う随分前から触診により圧痛や炎症を確認する事が出来ます。

ジャンパー膝やオスグッドにしても、成長痛だからと諦める必要はなく、多くの方は柔軟性の問題や正常な関節の可動域を失い膝に負担がかかり痛みを伴っています。

くまのて接骨院では、再発やメンテナンスにも力をいれ取り組んでおり、生涯関節痛に悩まないための運動療法や競技力の向上に繋がる方法をお伝えしています。

このページと関連するブログ記事

オスグッドの予防・ジャンパー膝予防・ランナー膝の予防法などお待ちください

更新日:

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.