交通事故治療

事故に遭った際にやること

  • 警察を呼ぶ
  • 加害者の連絡先を聞く
  • 病院へ行く

その場で示談交渉はせずに必ず警察を呼びましょう!トラブルやリスクを回避する事が出来ます。

身体のどこかに痛みがなくても病院で診断を受けましょう!後々痛みが出てから、事故との因果関係を証明することが難しくなります。

接骨院に通院する

接骨院に通院する目的はなんでしょうか?

  • 交通事故による損傷の多くがレントゲンなどにうつらない軟部組織の損傷であること
  • 予約なども出来るため通院のしやすいこと
  • 交通事故の対応に詳しいため安心して通院できること

接骨院に通院する為には、まず病院で診断書をもらう必要があります。接骨院に相談してからでも遅くはありません。まずは病院でレントゲン検査を行い神経や骨に問題がないか検査し、その上で保険会社に接骨院に通院する旨を伝えて頂けると保険会社の方もスムーズに案内してくれるはずです。

病院と併院

接骨院と病院は併院する事が出来ます。

交通事故治療では診断書が必要になるケースが多いため、病院にて定期的に経過を追い、患部の状態を把握しながら、接骨院にて施術を行い、併院しながら通院する事が出来ます。

必要な手続きを終えるまでが少し面倒な作業もありますが、症状の改善の(後遺症を残さない)ために定期的に接骨院で施術を受けましょう!痛みは自然に治るものばかりではありません。放置し慢性化(自然治癒力が働かない)状態で症状が固定されるとそれ以上の通院が難しくなります。なるべく初期の段階でしっか通院し改善をサポートいたします。(しっかり通院しない(施術者医師側が経過を把握していない)と後々保険会社との関係や示談交渉の際に、トラブルなどのリスクが高くなります。)

示談交渉

示談交渉ってなに?

交通事故治療は事故発生から通院期間を経て最終的に示談交渉が必ず行われます。接骨院や病院での通院にかかった費用負担は実質0円となり、その他に慰謝料や後遺症または仕事に支障があった際の休業損害など今までかかった費用を交渉することを示談交渉といいます。 通常は加入している任意保険会社同士の話合いで進められていきます。示談決定後に不服があっても覆ることはありません。

示談交渉の内容

治療費、通院交通費、入院雑費、診断書作成費、休業損害、傷害慰謝料などの交渉

慰謝料の算定

慰謝料ってどうやってきまる?

慰謝料とは精神的苦痛を金銭的に評価し支払われるもので、病院や接骨院を通院した期間や日数に応じて3段階基準で算定され支払われます。自賠責基準では一日4200円を基準に通院日・通院期間を考慮し計算されます。(慰謝料の対象日数は概ね実治療日数を2倍にした数と、治療期間の日数の少ない方が採用されます。)

これまでまとめ

事故による治療は3つのステップがあり、面倒な作業や対応は多少あるものの難しいことはありません。事故による肉体的な負傷と精神的な負担の軽減にも接骨院対応に詳しい接骨院や通院時にしっかり身体を施術してくれる接骨院を探すべきです。

  • 事故発生
    ◎警察に連絡
    ◎任意保険会社等に連絡
  • 通院
    病院に通院
    接骨院に通院
  • 示談交渉

くまのて接骨院交通事故治療のメリット

自賠責が適応される交通事故治療ではどこの接骨院でも原則窓口負担はかかりません。原則治療費がかからないのであれば、通院する接骨院はどこでもいいわけではなく、信頼安心してる施術者にて施術を受けることをおススメ致します。

交通事故施術で多い疾患にムチ打ち損傷があります。

交通事故のムチ打ち損傷では、腕にしびれや痛みを伴う軟部組織など神経に損傷がみられるケースも多いです。軟部組織の損傷には当院で使用するメディチャーライトが有効です。深部まで届く近赤外線と表層のマイクロマッサージ効果により軟部組織の損傷を促し、自然治癒力を高め後遺症を残さない高い技術を約束致します。

骨折などの後遺症の治療もご相談ください。

交通事故治療の予約

通常の施術と同様ネットから予約する事が出来ます。もし通院までにお困りのことがあれば電話やLINEにてご連絡して頂ければ必要な情報などを提供致します。

2022年4月2日

執筆者: 熊谷 卓眞