マックスパルス導入|自律神経・血管健康度チェック

当院ではデータを利用し、施術に役立てる試みを行っています。

例えば、血流状態が悪いのは何となくわかってはいたけど、データ上で血流状態がわかることでより説得力が生まれます。

例えば、血流状態が悪いと思い込んでいた人が本当は血管健康度には問題がなく、自律神経に異常を来していることが分かります。

このように施術者と患者様側でより理解を深めることに繋がり、安心感や信頼感の構築にも繋がります。

データからわかる健康度

データをチェックし自律神経状態など把握することに役立てることができます。自律神経の状態が分かることで施術の仕方にも工夫が生まれます。

自律神経を把握

自律神経が乱れていると様々な著書や医師などが警告を出していますが、実際にデータにとって自律神経状態を把握し改善に取り組んでいることはごくまれです。(マックスパルスは脈拍の一拍一拍間で自律神経状態を測定しより自身の状態が分かることから米国や韓国では主流になっている検査法です。)

自身の自律神経状態が分かることで以下のことが把握することができます。

  • 身体的ストレス
  • 精神的ストレス
  • 心臓安定度
  • 疲労度
  • 自律神経活性度
  • 呼吸状態
  • ホルモン状態
  • 消化機能
  • 肩首のこわばり
  • 痛みの原因
  • 感じている症状の原因(頭痛・冷え)

血管状態を把握

血管状態とは、心臓から送り出された血液が末端までいきわたり、心臓まで血液が戻ってきている循環がしっかり体の中で整っているか把握することができます。

血管状態を把握することで主に以下のことが分かります。

  • 血管の弾力性
  • 心臓の活性度
  • 末端の血液状態
  • 血管の老化状態
  • 疲労度
  • 痛みが改善しにくい原因
  • 慢性症状の原因

 当院では自律神経測定をすることが多くの方の健康に繋がり、更に来院した方だけでなく、その方のご家族の健康にも繋がっていくことを導入後さっそく実感しております。なぜイライラしやすいのか、感情の起伏が強かったり、やる気が起きなかったり、そういう状態をデータとしてみることができる測定器がマックスパルスという脈波測定器となります。

くまのて接骨院

心と体は繋がっています。心は体を蝕むし逆も然り、心の健康を手に入れるにはまずは状態を知ること、そして適切な方法で対策を行うことに尽きます。そのサポートを全力でしているのがくまのて接骨院です。

-お知らせ