指圧だめ

筋肉を緩める3つ方法

2020年9月4日

筋肉は張力には強いが外力には弱い

筋肉を垂直に指圧すると筋線維は簡単に壊れてしまいます。筋肉は外力には極端に弱い為に指圧する際には十分に気を付ける必要があり技術を要します。筋肉を安全にほぐしたい場合には表面上の血流を促すだけで十分効果があります。

筋肉を緩めるおすすめ動作

筋肉を緩めるためには、筋肉のポンプの働きを有効に活用する必要があります。

  • 収縮させる
  • 伸長させる
  • こするさする

筋肉を収縮させる

筋肉を収縮させる動きとは、簡単にいうと筋力トレーニングのような反復した運動です。

筋肉を収縮させる動的ストレッチとは?

筋肉を収縮させることで筋ポンプの働きを促し筋肉を緩めることが出来ます。筋肉に血液を循環させることで血行不良を起こしていた筋線維にも血液が流れることで筋肉の再生力が高まり筋肉も柔らかくなります。

筋肉を伸長させる

筋肉を伸長させる動きとは、ストレッチのような伸長させる動きです。

ストレッチの目的は血液循環

収縮させる動きとは逆に伸長させることで、良質な筋線維を増やす働きが高まり血液循環が良くなります。血液の循環の良い筋肉は筋肉も緩み柔らかくなります。

筋肉をこするさする

基本的に血液の循環は横への動きだけでなく縦にも動きます。

皮膚

筋肉層から表皮へ毛細血管が流れます。表層の毛細血管を刺激し筋肉層から表層に流れる血液循環を整えてあげることで血液の流れが良くなります。

筋肉を収縮させ伸長させ表皮をこすることで十分筋肉の張りは軽快し、自分でも効果的なセルフケアを行う事が出来ます。

-施術