fbpx

~アキレス腱をつまむと痛い~

アキレス腱の痛みがなかなか取れない方。アキレス腱が痛くなる原因について。アキレス腱の痛みを完治させてきたくまのて接骨院の施術について。

アキレス腱の炎症を放っておかない。

アキレス腱周囲炎イラスト

現在自分で治すアキレス腱炎の記事を有料ではありますが作成しております。

アキレス腱周囲炎の症状

~アキレス腱が悪いわけでない~

アキレス腱に痛みがあるからアキレス腱が悪いとは限らない。アキレス腱などの腱は無言で頑張る頑張り屋さんです。

アキレス腱炎

当院で用いるスーパーライザー照射によるアキレス腱周囲炎の治療

腱は治りにくい

慢性化した腱炎は筋肉の炎症よりも治りにくいです。腱は血流が豊富でないために、一度起きた炎症が鎮火せずに残り慢性化している方が多い印象です。

アキレス腱の伸長性を高めながら腱の全周を処置し炎症をしっかり取り除く必要があります。

筋肉を頑張らせる

筋肉がしっかり伸び縮みすることで血流を全身に送っています。筋肉が硬くなったり短くなると腱にストレスを与えアキレス腱炎やアキレス腱付着部炎などを引き起こします。

アキレス腱の痛みをとるならアキレス腱を伸ばすのではなく、足底や大腿の裏を意識したストレッチが有効です。

~アキレス腱のストレッチ~

アキレス腱の痛みをとるために腓腹筋を伸ばすようなストレッチでは効果が乏しいです。半腱半膜様筋や足底または殿部のストレッチが望ましいです。

協力筋を意識する

アキレス腱の痛みの部位

  • 踵(かかと)のアキレス腱付着部の痛み
  • アキレス腱の痛み
  • アキレス腱から筋肉の移行部(筋腱移行部)

実際に痛い場所と悪い場所は異なります。アキレス腱が痛いといって来院してきた患者様でも実際にアキレス腱を触るよりもカカト側の圧痛が強い人もいれば、ふくらはぎの深部に強い圧痛を伴う人もいます。

症状は様々です。腫れている部位をしっかり観察し施術部位を定める必要があります。

アキレス腱周囲炎の原因

~なぜ痛めたのか?~

アキレス腱に負荷がかかる原因で多いのは、

1オーバーユース
2柔軟性の低下
3冷え
4神経炎

膝股関節が曲がった状態

このように膝が曲がった姿勢はアキレス腱や腓腹筋やハムストリングの短縮を引き起こします

痛める原因は様々

使いすぎによるアキレス腱炎の場合は一時的な安静が必要ですが、例え安静にしていも再発リスクは高いです。

その理由は冷えなどの血流の悪化または腰部からの神経炎の影響が改善されないまま運動をはじめ同じ様に痛みを伴うケースです。

治療においても炎症を抑制させながら必要なストレッチを施行したり血流を改善する必要があります。

アキレス腱に負荷がかかるその他の要因

  • ハイアーチ
  • 外脛骨
  • 冷え
  • 運動不足
  • 糖質代謝異常
  • 重心のくずれ
  • 身体の歪み
  • 食生活の乱れ

アキレス腱周囲炎の治療

治療法効果
スーパーライザー照射近赤外線の照射によりアキレス腱付着部の炎症を効果的に改善
テーピング療法足底部のテーピングを施す事で、アキレス腱の負荷を分散させることが出来ます。
ストレッチ療法協力筋を意識したストレッチ法でなくてはなりません。
その他症状や通院状況に応じて、治療時間をコントロールし早期改善も可能です。

施術の流れ

  • 重心をチェック
  • 身体のバランスのチェック
  • 圧痛部位や腫れの確認
  • 膝股関節の柔軟性
  • 腰部仙骨部の神経の炎症状態
  • 施術と状態の説明
  • 5の炎症部位へ近赤外線照射や微弱電流
  • 神経炎があれば神経部も治療
  • 身体の歪みやバランスを整える
  • 施術後状態の改善評価
  • 正しいストレッチ法などを伝える
  • 施術を繰り返して完治を目指す

痛みが引きにくい場合には必要な修正を加えながら完治を目指します。

 

~当院の約束~

アキレス腱に問題を抱えていて思うように運動出来なかったりお悩みの方がいれば当院で根治を目指していきませんか。アキレス腱の痛みがなかなか治らないのには様々な原因があり、ひとつひとつしっかり治していく事でなんの違和感もなく運動出来るようなり喜んで頂く事が当院の目指すアキレス腱治療です。

痛みが引かない原因が腰にあるかもしれませんし、アキレス腱の裏側にこびりついてる可能性もあります。まずはどこに原因があるのか明確にしなければなりません。

お困りの方は是非ご相談下さい!

スポンサーリンク

横浜市青葉区しらとり台1-8-2階 青葉台駅徒歩6分

2019年6月11日

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.