WEB予約

日曜診療のおしらせ。詳しくはこちら

スポーツ外傷

アキレス腱炎の原因をチェックしましょう。

2021年5月20日

アキレス腱の痛みで来院される方は意外と多く、当院ではアキレス腱の痛みに対してしっかり原因と対策を講じることで喜んで頂けています。

アキレス腱の痛みは難治のものがあるのは事実で、どこに行っても治らず何年も持続して痛みを伴っている人もいます。何故痛みが引かないのか原因をしっかり見極め、競技復帰または生活の質の向上をサポート致します。

アキレス腱周囲炎イラスト

アキレス腱の原因を整理する

アキレス腱の痛みの改善にはアキレス腱の原因となるものをひとつひとつチェックする必要があります。これまでアキレス腱の痛みで問題となっていたものをあげてみます。

チェックリスト

内的要因

  • 使いすぎによる慢性化
  • 足底腱膜の緊張
  • ハムストリングの損傷または緊張
  • 坐骨神経の圧迫または損傷
  • 仙骨神経への圧迫
  • 血行不良または血液の炎症
  • 自律神経の影響による毛細血管の問題
  • アキレス腱の肥厚

その他要因または外的要因

  • 靴の問題
  • 座り方の問題
  • 食事の問題

 

など難治であるほど血管血液レベルで問題を起こしており、食事と運動と施術を意識した取り組みを必要とします。

アキレス腱をつまむと痛い

アキレス腱を直接左右からつまむと激痛が走る場合には、アキレス腱周囲に炎症が強くみられます。痛みの度合いにより治療期間を長期を有する事になります。

まずは触っても痛みが出ないアキレス腱を目指し改善を行います。

アキレス腱は血行が悪く治りにくい

アキレス腱炎

当院で用いるスーパーライザー照射によるアキレス腱周囲炎の治療

 

腱の痛みで他の疾患といえば。ジャンパー膝や手の腱鞘炎などがあります。腱の痛みは難治化慢性化しやすいのが特徴。

考えられる原因は

  • 腱は血流が豊富ではない
  • 繰り返された炎症であること

腱は血流が豊富でないために、一度起きた炎症が鎮火せずに慢性化しやすくなり、さらに繰り返し繰り返し腱を痛めることで傷口が広がり難治化します。

 

アキレス腱のストレッチは有効?

アキレス腱の改善にストレッチを併用する場合には注意が必要です。

アキレス腱を直接伸ばすようなストレッチではなく、下肢全体を伸ばすようなストレッチが望ましいです。

当院では患者さんにも協力頂き自宅で行えるストレッチやセルフケア方法を教えています。

アキレス腱周囲炎の治療

現在は更にLEDを用いた近赤外線が主です。

治療法 効果
スーパーライザー照射 近赤外線の照射によりアキレス腱付着部の炎症を効果的に改善
テーピング療法 足底部のテーピングを施す事で、アキレス腱の負荷を分散させることが出来ます。
ストレッチ療法 協力筋を意識したストレッチ法でなくてはなりません。
その他 症状や通院状況に応じて、治療時間をコントロールし早期改善も可能です。

施術の流れ

  • 間接的に問題のある部位を検査
  • 直接痛みのある部位を触診
  • 間接的に問題ある部位を施術
  • 直接痛みのある部位を施術
  • セルフケアの仕方をアドバイス

関連記事

アキレス腱炎
アキレス腱の痛みにおすすめのストレッチ

アキレス腱におすすめのストレッチや痛みの原因

続きを見る

ブログカテゴリ

-スポーツ外傷
-

© 2021 くまのて接骨院