ストレッチ

筋肉を収縮させる動的ストレッチとは?

  1. HOME >
  2. ストレッチ >

筋肉を収縮させる動的ストレッチとは?

ストレッチには大きく2タイプのやり方があります。

静的ストレッチと動的ストレッチ

前者の静的ストレッチはよくある一般的なストレッチと考えて頂いて大丈夫です。筋肉を伸長させ筋肉に伸長性のストレッチをかける方法です。

後者の動的ストレッチにもやり方は様々ありますが、関節を動かし筋肉に収縮性のストレッチをかける方法です。

動的ストレッチにも実は2タイプのやり方があります。

  1. 筋肉に収縮を起こさせ反復した運動により筋肉の内部にストレッチをかけるやり方
  2. 筋肉を過度に伸長させるように関節を動かし筋肉に伸長を加えるストレッチのやり方

ストレッチイラスト

収縮ストレッチ

筋肉は収縮させても伸長させても同じ様に筋肉内部にはストレッチがかかるという事を御理解頂くとストレッチの世界が広がってきます。

筋肉にも血流豊富な元気な筋肉と血流の乏しい貧弱な筋肉の2種類があり、ストレスをかけることにより筋肉は負荷にかけられず断裂します。

ストレッチには貧弱な筋肉を断ち元気な筋肉の再生を促す目的で行われます。

筋肉の再生を促す

筋肉が壊されると筋肉は負荷に耐えられるよう発達させた筋肉を新生させます。そのためストレッチにより筋肉の質を向上させることで血液豊富な筋ポンプの働きが高まり、血液循環の効率が高まると考えられています。

少し難しい説明ですみません。とにかく伸ばしても縮めても筋肉内部にはストレッチがかかるということです。

動的ストレッチを併用する

静的ストレッチに動的ストレッチを併用する事で効果の高いストレッチになります。

動的ストレッチは筋肉を縮めるように動かしていく為、筋力トレーニングに似た動きになります。

自重で行う腹筋運動や背筋運動や筋肉を収縮させる体幹トレーニングも動的ストレッチの考えで良いと思います。

説明文だけだとイメージが付きにくいかと思いますのでお尻の動的ストレッチと静的ストレッチのイメージです。

動的ストレッチ①

お尻ストレッチ写真

動的ストレッチ②

お尻ストレッチ②

静的ストレッチ

お尻伸ばしストレッチ

動的ストレッチは①と②の繰り返し動作になります。20~30回反復すると筋肉に重みや熱さを感じてくるかと思います。筋肉を収縮させることで収縮ストレスに耐えられない筋肉が断裂するために動的ストレッチとなります。

普通に筋力トレーニングでは?と思うかもしれませんが、その通りです!!

静的ストレッチは膝を抱え胸に引き寄せることでお尻の深部までストレッチがかかり伸縮ストレスに耐えきれない筋肉が断裂します。

動的ストレッチと静的ストレッチを組み合わせることでより効果的なストレッチとなります。

主な効果

  • 関節可動域の拡大
  • 筋緊張の緩和
  • 血流の改善
  • 浮腫みの改善

筋肉痛の早期改善にも動的ストレッチと静的ストレッチの組み合わせは有効です。

静的ストレッチと動的ストレッチをうまく組み合わせることで大変効果の高いストレッチとなります。やり方は様々な方法がありますが、筋肉に反復性の刺激を加えることが大切です。

日々のストレッチに色どりを加えるなら動的ストレッチを組み合わせるといいですよ!やり方なども随時ご紹介して行きますね!

WEB予約する

-ストレッチ

Copyright© くまのて接骨院 , 2020 All Rights Reserved.