fbpx

限界を感じたらくまのてへ!

星状神経節照射の効果

星状神経について

星状神経節は頸部にある自律神経節です。自律神経節は神経細胞体とそれらの樹状突起の集塊(自律神経の集合する部分)で、交感神経節と副交感神経節に分かれます。星状神経はその中でも交感神経節となり、別名頸胸神経節ともいわれます。星状神経節は集合した神経はそこから主に上肢を中心につながり作用を起こしています。星状神経節へのスーパーライザー照射を星状神経節照射といい、星状神経節へのブロックを星状神経節ブロックといいます。

星状神経節の位置と働き

星状神経節照射

出典 スーパーライザー神経照射法 真興交易出版部

星状神経節は第一胸椎の高さに位置しており、鎖骨の裏側にあるため触診することは困難です。しかし神経にはつながりがあるため、その上部への浸潤的に照射することで効果を発揮することが出来ます。そのため、星状神経節ブロックよりも星状神経節照射のほうが、痛みもなく、照射部位にもやり直しがきくため安易に治療を受けることができるのも特徴です。

星状神経の主な分布域は頭部、顔部、頸部、上部胸背部、上肢、胸腔内臓器です。そのため、耳鳴り、頭痛、レイノー病、肩こりなど上肢の疾患に対しての治療が行われます。
(主にこれらの部位の疼痛、血流障害、発汗異常、神経麻痺、機能低下に対し星状神経節照射が行われる。)

しかし、研究によっては星状神経節照射により下肢の血流も増加したという報告もあるため、星状神経節照射は全身の血流改善に関与すると考えられています。

星状神経節照射の効果は?

自律神経失調症・筋緊張性頭痛・脱毛症・顎関節症・アレルギー性鼻炎・慢性副鼻腔炎・喘息・レイノー障害(上肢血行障害)頚肩腕症候群・肩関節周囲炎・不定愁訴・帯状疱疹・

当院では2本の光線を利用し、主に片側のみの照射を行います。

理由1

理由は様々ですが、星状神経節の位置はかなり下部もしくは深部で光が届きにくい部位にあります。より深部に照射するためには、片側の照射を行うことのほうが皮膚の凹が出来やすく効果が高いと考えれます。鎖骨の下に向くように斜め下の照射することで、効果を高めます。

理由2

星状神経節は直接照射させることが理想的ではありますが、星状神経節に連なり上部には中頚神経節というものがあります。1本を星状神経節へ2本目を中頚神経節へ同時に照射ることで効果の高い治療を行うことが出来ると考えられています。

理由3

星状神経節へ異常が出ていることが前提で星状神経節照射を行います。星状神経節などの自律神経が正常な機能を働いているのに星状神経節照射を行う必要はないと考えます。頸胸部の前に位置しており、体のバランス的には左右同時に異常を起こしている場合は少ないと考えます。

星状神経節照射

星状神経の働き

星状神経は交感神経のひとつであるため、星状神経の働きを理解するには自律神経の働きを理解することが役に立ちます。

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスにより身体を正常な機能が働くように調整してくれています。その均衡が崩れることにより、自律神経が乱れ様々な不調を伴うことになります。一般的には自律神経の乱れにより考えれられる症状には以下のようなものがございます。

頭痛・発赤・異常発汗・冷え・疲労感・不眠・便秘・胃腸障害など

自律神経は背骨からでており、その後神経節に集まり各臓器に働きます。星状神経節は自律神経の集合節のため、照射することで関連する神経に効果を発揮することができます。

星状神経が乱れる原因

星状神経に異常をきたす原因を考え、星状神経節への照射が有効かどうか判断することも治療を有効に働かせることが出来る方法のひとつです。星状神経に問題がないのに照射をしても効果はありません。『星状神経節照射をしても効果がなかった』などの声があがる理由には、1そもそも星状神経節に問題がなく他の原因が考えれる2照射部位が不適切であるなどが考えれます。

星状神経節が乱れる原因1『姿勢』

星状神経節などの神経に問題が出る原因には、姿勢の悪化などより胸郭部分や頸部に異常なストレスなどの緊張が生じている。姿勢が崩れることで、首や背中などに筋緊張を引き起こし、その筋緊張が原因で星状神経へ圧迫がかかり機能低下を引き起こしている。

背中の丸まり・首が前に出ている・ストレートネックなど

星状神経節が乱れる原因2『血流』

星状神経節などの自律神経は血管と並走しています。血流の低下はそのまま自律神経の乱れを引き起こします。星状神経の位置は、経絡などの胃経など走行する部分であるため、東洋学的にも大変重要な位置です。下肢や上肢の血流の低下は、星状神経節が乱れる原因にもなりえます。

星状神経節の治療

星状神経節の機能を早期に正常に保つためにも、星状神経照射は有効に働きます。乱れる原因を取り除きつつ、星状神経節への照射を行うことで、効果の高い治療をすることが出来ます。星状神経節照射やブロックをしても効果がなかったという方でも、是非ご相談ください。原因への対処ともしかしたら星状神経節照射ではなく、ほかの部位への照射の方が効果があるかもしれません。

 

星状神経節の症状と間違いやすい症状

甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症などのバセドウ病などの症状もご確認下さい。甲状腺は喉頭の前側にあり、触診することが可能ですし、症状的にも自律神経症状と似通ったところがございます。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

疲れやすい・異常発汗・暑がり・動悸・いらいら・眠れないなど

甲状腺機能低下症

むくみ・乾燥肌・冷え・体重増加・無気力・月経過多など

 

記事作成者

院長 熊谷卓眞くまのて接骨院 院長 熊谷卓眞

 

更新日:

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.