fbpx

~シンスプリントの原因はむくみ

シンスプリント(骨膜炎)は主に下腿の脛骨の内側の下3分の1に発生する骨膜の炎症のことをいいますが、時に脛骨の上方や損傷度合いにより、筋腱膜、骨膜、疲労骨折と重症化して行きます。多いスポーツはバスケや陸上、男女比としても経験上女子に圧倒的に多いです。

なぜ女子に多いか。それは下肢のむくみと大いに関係しています。説明して行きます。

シンスプリントの特徴

~症状により異なる損傷度合い(目安)

骨膜炎のイラスト

 

あくまでも当院にひとつの目安です。痛みに強い人もいるため、軽度と思っていても疲労骨折を起こしている人もいます。

重症度症状損傷部位
軽度(腱膜炎)運動時の痛みはないが押す痛みがある。腱膜
中度(骨膜炎)運動時に痛みがある運動後歩行時は痛みがあまりない。骨膜
重度(骨折)運動時も痛く歩行するだけで痛い。

レントゲンで分かる?

骨折をしていてもレントゲンで判断する事は結構難しいです。骨折の疑いがあるそうな撮影角度を狙い、レントゲンで判断する必要があります。

触診の方が分かりやすい

実は触診したほうが分かります。骨折している場合、骨の変形(凹凸)が診られるため、レントゲンとるより容易です。

 

シンスプリントの治療

~症状により異なる損傷度合い(目安)

右足のシンスプリントで来院。触診上でも3か所ほど損傷がみられました。施術前と後ではむくみ方が違うのが分かるかと思います。

損傷部位を把握

損傷部位を的確に把握する事が出来れば早期改善も可能です。当院は治療にスーパーライザーや微弱電流を用いています。

シンスプリントの原因

~圧倒的に女子に多いその原因

女子はむくみが原因、男子は柔軟性の問題が多い。

むくみ腰痛の原因
むくみについて

むくみが気になる方。なぜ浮腫む方知りたい方。むくみを解消したい方。

続きを見る

セルライト
セルライトが付着している人も多い

セルライトの危険性について。ケガでお困りの方・セルライトが気になる方

続きを見る

筋肉のポンプの働きを改善

むくみと滞り組織の修復が行えません。その状態で運動を続けることで悪化し、更なるシンスプリントや疲労骨折を招くことになります。

筋肉の働きを整え、損傷部位の血流を改善する事が治癒に繋がります。

ホルモンバランスは骨量にも影響

ちょうど中高生はホルモンの影響も受けやすい年齢です。ホルモンバランスの乱れは骨量にも影響を与える為、間接的に問題を引き起こす可能性も考えられます。

食の乱れ

炭水化物が中心・おかしや甘いものを良く食べる・タンパク質不足

根本的にまたは早期改善を目指すなら食の改善も効果があります。

  • むくみが原因
  • 年齢的にホルモンバランスも影響
  • 食の乱れ
  • 姿勢の崩れ
  • 柔軟性の不足
  • 運動前の体操方法の問題

 

シンスプリントの施術方法

治療法効果
スーパーライザー照射近赤外線の照射により急性期の炎症・疼痛の改善も可能です。
重心療法足部の歪みを整えることで脛骨の負担を軽減させることが出来ます。
ストレッチ療法シンスプリントの改善に必要なストレッチを厳選し早期改善と再受傷を抑制させていきます。
食事療法試合が近いなど早期改善が必要なケースの場合には食み意識した方がいいでしょう。
関節可動域テスト(PAS))
詳しい施術方法についてはこちら

痛みの原因『歪み』『炎症』『血流』|脊柱バランス療法|物理治療|経絡療法|ストレッチ療法|

続きを見る

シンスプリントの施術の特徴

シンスプリントへの照射

微弱電流やアイシングも有効ですが、スーパーライザーはむくみや炎症を促し、施術後にも身体や足が軽くなる事を即座に実感する事が出来ます。

当院では痛みの部位の施術と運動療法を同時に行う事で早期改善を目指していきます。

喜びの声

長年、高校でトレーナーとして活動してきてシンスプリントを診てきました。

ストレッチで足がむくまなくなった

施術で痛みが無くなり試合に間に合った

ストレッチの大切さを実感できた。

などの声を多数頂いてきました。

疲労骨折
シンスプリントの治療経過報告

※クリックで拡大出来ます。 右足の疲労骨折(シンスプリント)の損傷。バスケをやっており病院で3か月の ...

続きを見る

~お困りの方

  • 痛みが取れなくてお困りの方
  • 病院で疲労骨折を疑われた方
  • 試合が近い方
  • 当院の施術を試したい方

横浜市青葉区しらとり台1-8-2階 青葉台駅徒歩6分

2019年6月26日

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.