限界を感じたら当院へお越しください!

施術治療案内

当院の治療の特徴は西洋医学と東洋医学の見地から行う『疼痛緩和の徹底』です。

東洋医学はあまり信用していないという方

柔道整復師は西洋医学に準じた勉強をしています。

西洋医学

解剖学や生理学に応じた様々な検査を行い、病名や原因を特定したうえで、その病巣に対して治療を行っていく。

エビデンス(医学的な根拠)に基づく治療

デメリット

病名のない診断に対する治療を不得意とする。

例 冷え症などの自律神経失調症 レントゲン上に写らない関節の痛み 筋肉の痛みを苦手とする

東洋医学

病態や症状に着目し、陰陽や五臓六腑など身体全体を捉え中庸を意識し、乱れや滞りなどを漢方や鍼灸などを主に用い治療していく

症状などすべてには関連があるとする治療

デメリット

解剖学・生理学的な症状に対する治療を不得意とする。

例 ねん挫 肉離れ 解剖学的に問題がある腰痛や関節の痛みを苦手とする。

くまのて接骨院は両者を良いとこどりした、自律神経失調症などの不調にも、肉離れ・ねん挫などのスポーツ外傷にも、レントゲン上に問題があるような腰痛・膝痛など様々な症状に対して高い技術と診断力をもって治療を行っている接骨院です。

施術案内1

『治せないものはない』志を胸に使命感を持って、患者様の痛みと真剣に向かい合っていきます。

  • 青葉台のくまのて接骨院膝痛治療

    膝痛へのスーパーライザー照射

  • スーパーライザーのアキレス腱の照射の写真

    アキレス腱照射

  • 頸部の治療

    頸部の治療

治療の考え方~痛みの原則~

痛みには原則があり、多くの痛みはその原則に従い改善することが可能です。

痛みの原因を東洋学的・西洋学的に捉える

まずは痛みの部位を確認し、触診また視診により判断します。

当院で用いる西洋学的な検査

脊柱の歪みやバランス・神経症状・炎症状態・関節可動域低下

当院で用いる東洋学的な検査

経絡の問題・自律神経の状態・血液リンパの滞り

上記に沿って身体の状態・原因を把握し、治療部位・治療方法を定めていきます。

原因に基づき治療を行うので間違いがない

  1. 歪み・バランスの改善
  2. 神経圧迫の改善
  3. 炎症の抑制
  4. 関節の正常化
  5. 経絡の流れの改善
  6. 自律神経の乱れの改善
  7. 血液リンパの改善

治療の方法

  • バランス療法歪みの改善
  • スーパーライザー照射炎症の抑制
  • ストレッチ療法筋肉の改善
  • 経絡療法血液リンパの改善
  • 食事療法体質改善

すべての治療は組み合わせることで相乗効果が高まり自然治癒力を高め早期改善に繋がります。

治療の効果の確認を徹底

治療後には施術効果を必ず確認し、驚きを与えられる施術を目指しています。

確認ポイント

  • 動作痛の軽減
  • 可動域の改善
  • 圧痛の緩和

どんな痛みも改善が可能ですが、難治になるほど痛みが複雑化し、痛みの緩和には時間がかかるものです。その場合には治療時間・治療期間の相談や治療以外にも目を向けた対策を行い、早期改善と確実な改善を行っていきます。

痛みは目に見えないため評価スケールを用いる

VAS(visual analog scale)といわれる視覚的評価スケールを用いて患者さんの痛みがどれくらい改善されたかを評価してもらっています。

痛みは目にみえないものであり、人によって異なるため医療機関では疼痛評価スケールといわれる痛みを数値化させる問診が多く行われています。(施術の流れ

VAS疼痛評価スケール

治療以外にも個々の取り組みによる早期確実な対策

食事・運動・物理療法・自律神経などの取り組みにより生活習慣の改善や体質改善方法など症状や治療の難治度により変化させていきます。

目指すのは、だれもが満足してくれる治療で、一様な方法ではなく、それぞれに合わせた的確な治療です。

治療体験者の声

 

当院の治療機器

スーパーライザー

青葉台の頸部痛の疼痛緩和

近赤外線による光線照射は皮膚の透過性が高く疼痛緩和・血管拡張作用を高めることで炎症を取り除く施術を行っています。

スーパーライザー

微弱電流エレサス

◎微弱電流エレサス

早期復帰への近道としてアスリートにも好評でプロ野球11球団で使用

主な特徴

  • 即効性のある鎮痛消炎作用
  • 筋緊張の緩和
  • 自己治癒を促進
  • はれの抑制

微弱電流は生体電流に近い電気刺激により治癒を促進させるといわれています。急性期などの捻挫や痛みの強い五十肩にも効果的です。

◎サイバー9000

直流電流の低周波治療器サイバー9000

非常に振動数の高い周波数を用いることで深部まで振動を伝え筋肉や神経・血管を震わせ筋肉の緊張緩和に大変効果の高い低周波治療機です。

 

様々な検査法

ペインフルアークサイン

肩の挙上を確認するテスト

この検査により肩の可動域を確認し首や肩のどこに問題があるか把握する事が出来ます。

背骨の歪み

背骨の歪みをしょく

背骨の歪みを触診し、脊柱のどこに問題があるか把握し施術ポイントを定めていきます。

胸郭出口症候群

左右の筋緊張圧痛などを確認する

足関節テスト

足関節テスト

足関節の硬さをチェックする事でどの神経に問題があるかを把握

下肢長差テスト

下肢長差テスト

脚の傾き長さを確認し歪みをチェック

  • 股関節屈曲内旋テスト
  • 坐骨神経チェック
  • 後頭骨・仙骨チェック
  • 自律神経チェック

更新日:

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.