物理治療機

スーパーライザーで効果を感じられなかった方・・

スーパーライザーは近赤外線照射の効果とそれに伴う温熱効果を得ることが出来ます。

近赤外線照射は身体の深部まで到達する事が出来る光の治療機として様々な適応症があり、評判も良いです。

適応症

頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、肩・腰・膝などの関節痛、手足の血行障害、顔面神経麻痺、各種疾患の疾痛、自律神経失調症、更年期障害、不眠、冷え性、便秘、皮膚潰瘍、帯状疱疹、湿疹、

引用 東京医研

スーパーライザーは深部の血行を促進するためには大変優れた治療機で当院でも長年使用しています。

筋肉内の深部血管が拡張することで、細動脈が拡張し毛細血管に新鮮な血液が流入する事で血行が促進されると考えられています。その為患部の酸素の飽和度もあがり栄養が行き届くようになります。

スーパーライザー然りほかの治療機でも同様に血行を促進させることは鎮痛消炎効果に繋がります。

しかし、全ての治療院や整骨院で同様の治療機で治療を受けても実は同様の効果を得ることは出来ません。当院にもよくスーパーライザーの電話の問い合わせが来ます。。『スーパーライザーで効果をあまり感じられなかった』と・・

スーパーライザーの一番のメリットは深部血管の拡張です。

スーパーライザー照射イラスト

深部に溜まっていた血液はどこに流れていくかというと横に流れるだけでなく、表面にも流れていきます。

こちらの記事も参考に
氷の作り方
アイシング(冷却)の効果と目的

続きを見る

スーパーライザーなどの深部血管を拡張する治療機を使う際には、今度はこの表層に流れていった血液をどう促すかが重要なポイントになります。

-物理治療機

© 2020 くまのて接骨院