fbpx

ストレッチ

顔汗を止めるストレッチ術を公開

2019年8月2日

暑い日が続きます。顔周りに汗をかいて、汗ダラダラの人もいれば、顔汗もかかずに涼しい顔している人もいます。昔から汗かく人は代謝が良いといいますが、実は汗かきは代謝が悪いともいえます。

なぜ汗かく?

~熱を溜めこむから汗として放熱させている~

熱がたまりやすい部位が汗をかきやすいともいえます。身体は体温を保つために汗をかき放熱させていますが、マラソン選手やスポーツ選手の場合には、はじめから汗をかいていては水分不足で体力が持ちません。

体力ある人ほど汗は最小限ですし、フルマラソン走っても涼しい顔で走っている人もいます。

体温を保つための血流

~川の流れは冷たい~

川の流れをイメージしてみてください。夏の川でも川遊びは冷たくて気持ちが良いですよね。しかし、川の流れが遅く水が溜まりやすい場所の水温は高いですよね。これは、血液と同じで血液の循環がしっかりされている部位は熱を放熱する必要がなく、血液の循環が遅く熱を溜めこみやすい部位は汗として熱を放熱させなければいけません。

汗は血流と関係

~筋肉のポンプ作用~

血流をコントロールしているのは、筋肉のポンプの働きと自律神経の交感神経と副交感神経のバランスで調整されています。筋肉のポンプの働きが低下を起こすと血液が滞りやすくなりますし、自律神経の乱れが重なると上半身は熱いが下半身は冷えているなどの悪循環を来たします。

食べ物の代謝も影響

~食べたエネルギーが代謝されていない~

いわゆる肥満体質の場合には筋肉の内にも脂肪が蓄積されている状態です。要は身体に余分なエネルギーを溜めこんでしまっている状態。そうすると必然と体脂肪率が低い方が、筋肉のポンプの働きがしっかりしているため汗もかきずらいともいえます。スポーツ選手など体脂肪率が低いため汗をかきにくく体力もあるともいえます。

食べたものが代謝されずにいると血液内にも滞り汗のにおいにも影響を与えます。偏った食生活は発汗+体臭というまわりの目鼻も気にしなければいけなくなるかもしれません。

顔周りで一番近い筋肉は大胸筋

~大きな筋肉をストレッチ~

大胸筋のストレッチを行い、顔周りに熱をためこまないようにしましょう!大胸筋をしっかり奥までの伸ばす事で筋肉のポンプの働きを活性化させることで、顔汗も激減?!かどうかはその人の体質にも左右されますが、やってみる価値は十分あります。

大胸筋ストレッチ

 

壁に手をつき大胸筋が伸びるように身体を左にねじっていきます。しっかり伸びた所で1分もしくは2分連続してストレッチをおこなうだけ。毎日行い最低でも5日間行ってみてください!

その他にも大胸筋を刺激する腕立て伏せや全身の血流を活性化させるために下肢のストレッチも併用するといいですよ!

詳しいストレッチのやりかたはこちらが参考になりますよ!

デート前に腕立てして涼しい顔で乗り切ってはいかがでしょうか。

-ストレッチ

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.