WEB予約

12月より水曜17-21時隔週診療&日曜隔週診療になりました。診療日を確認下さい。

ストレッチ方法

基本のストレッチ 脚裏全体

2019年12月21日

脚の一番基本的なストレッチ法です。

筋肉は協力筋というものがあり、協力しあい一定の動きを行う筋肉の事を協力筋といいます。

膝を曲げる協力筋はハムストリングと腓腹筋

脚の動作では膝の屈曲動作を行う筋肉は太もものハムストリングが主ですが、下腿の腓腹筋も膝関節をまたぎ大腿骨に付着する為に、脚裏全体のストレッチを行う時は、腓腹筋やハムストリングを同時に伸展させるストレッチの仕方が理想的です。

筋肉の深部を伸ばす

腓腹筋はアキレス腱へと連なり、足首を底屈させる動きを行います。その為に足首の角度を意識するだけでも筋肉の深部が伸びるようなストレッチをする事が出来ます。

腓腹筋が緩んでいる状態では、深部までストレッチをかけることは難しいです。

ストレッチのやりかた

脚裏ストレッチ間違い

足のつま先が外行く方法では筋肉が均等に伸びない

ストレッチ脚

つま先はまっすぐ上に尚且つ小指側を持ち上げるように

 

ストレッチ脚2

地面についてるつま先もまっすぐに両手はまずは太ももに置き背筋を伸ばし脚全体が伸びるように意識する

やりかた

  • 椅子にまっすぐ立ち片足を置く
  • つま先を起こし小指側をしっかりおこす
  • 両手を太ももに置き背筋を伸ばす
  • 全体が伸びるように少し状態を倒してもOK(倒しすぎないように注意)
  • 伸びを感じたらそのまま1分キープ

基本のストレッチでは、なるべく大きな筋肉を伸ばす事で血流改善効果の高いストレッチをする必要があります。

大きな筋肉には、太もも・お尻・背中・上腕などの筋肉があります。

大きな筋肉を伸ばす事で得られる効果

  • 血流改善
  • ダイエット効果
  • 代謝の促進
  • 関節可動域の改善
  • 関節痛の予防
  • 姿勢の改善

など様々な効果が高まるため日頃ストレッチをしていない人にも、おすすめ致します。

具体的におすすめする方

  • 最近脚のむくみが気になる方
  • 代謝が悪い方
  • 腰に重みを感じる方
  • 脚が重い方
気になる方は是非やってみてください。出来れば1回のストレッチは1分間行い、やっていない片側と比べてみると脚の軽さをすぐさま実感出来るはずです。まずは平日の5日間続けてみてください!

 

-ストレッチ方法

© 2020 くまのて接骨院