首痛/背中疾患

首コリの起こりやすい部位

首コリ

赤色の頸椎周囲に硬結というコリが出来その影響で頸椎の動きを阻害したり、頸椎から出る神経や血管を圧迫する事で慢性的なコリの疾患となるものを首コリとします。

◎多くは頸椎の4~5番周囲に多発しやすいです。
(頸椎を下から触っていてぼこっと凹む部分です。)

◎頸椎7番は大きく一番後ろに隆起している骨です。

首コリの原因

脊柱は腰痛で前方に前弯し胸椎で後弯しながら頸椎で前腕するS時カーブの形が自然な弯曲なのですが、この弯曲が崩れることで頸椎に負担がかかりやすくなります。

脊柱の変位パターン1

  • 腰椎後弯
  • 胸椎後弯の凸凹
  • 頸椎ストレート

脊柱の変位パターン2

  • 腰椎過前弯
  • 胸椎下部後弯
  • 胸椎中部前弯
  • 胸椎上部後弯
  • 頸椎過前弯
脊柱の歪みは上記のように様々なパターンがあります。

特に胸椎の動きが制限される事で頸椎に負担がかかりやすくなります。

首コリのチェック

首コリは特に上部の胸椎と首横の圧痛をチェックします。

首コリ

頸椎横に近赤外線を照射し血行を促進することで頸椎の動きが改善され首コリも緩和されます。

-首痛/背中疾患

© 2020 くまのて接骨院