fbpx

肩首

首コリ解消するには

2019年7月24日

首コリは揉んではだめ

首コリについて

首や肩がこる原因は、コリだけが原因とは限りません。いくらコリをほぐしても首コリが改善しない理由には背中の歪みなどが原因であることが多いです。背中に問題があるのに、一生懸命コリをとろうとマッサージをしても良くなるばかりか悪化する可能性も十分あります。

コリは揉んではダメ

当院に来る方でも、首や肩を揉んだり揉んでもらっている人はたくさんいます。首コリを揉んではいけない理由に筋肉は指圧や外力で損傷し腫れを招くと余計にコリを感じるようになります。

もうひとつの理由は首周囲の神経が炎症する事で肩甲骨周囲が腫れ座っているだけで痛みやコリを感じるようになります。

首コリの原因

背中の丸まりや肩甲骨と脊柱のコリや緊張が原因となる事が多いです。神経の炎症を伴うことで慢性的なコリや痛みを伴うようになります。

肩こりは胸椎

頸椎7個胸椎12個腰椎5個

胸椎

多くの首こりの原因は背中にあります。背中は12個の胸椎から連なります。自律神経は脊髄からでており、各種臓器の働きを機能させています。胸椎の歪みは頸椎への負担を助長させてしまいます。

胃に不調を伴っている人が多い

背中に問題が起こることで自律神経が乱れ胃の働きにも影響を与えます。食べたものは必ず消化され、代謝(エネルギーに使用)されなければいけないのですが、胃腸に不調があると消化不良から悪循環を来たし、こり・頭痛を増強させます。

自律神経が血管を支配していることとも関係あり、血液の停滞は首コリを強く感じさせてしまいます。

 

首コリの施術

  1. 身体の歪みや脊柱の丸まりをとる施術を行います
  2. 身体の重心が崩れていればはじめにチェックします
  3. 圧痛部位や腫れの強い部位を視診触診により把握します。
  4. 照射部位を定めて、1部位におよそ5~6分ほどのスーパーライザーを照射していきます。
  5. 4が取れれば、照射部位をずらし別の神経圧迫へ照射範囲を拡げていきます
  6. 施術後に症状が軽快していれば、OK
  7. 日頃の気を付けるポイントやおすすめのストレッチなどをお伝えします。
  8. 施術を繰り返す事で1~3でチェックした検査の部位を根本から改善する事が可能です。

首コリの改善には腫れと圧痛部位を正確に把握する事が重要です。

-肩首

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.