坐骨神経痛

腰痛

坐骨神経痛の痛みの原因は筋肉の過緊張?

更新日:

レントゲンやMRIの所見をみて、「変形している」「椎間板がつまっている(傷んでいる)」「ずれがある」「ヘルニアがある」「分離症がある」などと言われると、これらが腰痛の原因と思ってしまいませんか?
画像所見のほとんどは腰痛の原因を説明できません。また、今後腰痛で困り続けるかどうかの判断材料にもならないが多いのです。よって腰の画像所見をネガティブイメージで指摘されても悲観する必要はありません!

出典 厚生労働省 当該ページを引用

坐骨神経痛の原因はヘルニアや脊柱管狭窄症などの骨に関連する痛みよりも筋肉の過緊張による神経の摩擦による筋肉の炎症性の神経痛が多い。坐骨神経痛の改善には筋肉のストレッチや歪みや姿勢を正し神経へのストレスを軽減させていく事が重要です。

坐骨神経痛の症状

出典 グレイの解剖学

主に殿部の付け根から下肢の後側に現れる症状です。(坐骨神経痛は病名ではなく症状名であり坐骨神経上にある痛みを伴っているものをいいます。)上図黄色

画像診断の結果で坐骨神経痛の痛みかどうか判断する事は難しいです。日本人の2人に1人はヘルニアだと言われています。腰痛患者の95%がヘルニアとは関係のない腰痛だと言われています。たとえ画像診断上ヘルニアが見つかったとしても腰痛や坐骨神経痛とは全く関係のない可能性も十分に考えられます。

坐骨神経痛の痛みは何から起こるのか?

坐骨神経痛の痛みの多くは坐骨神経になんらかの圧迫炎症が加わり摩擦が高まり痛みがおこっていることが原因です。ヘルニアや脊柱管狭窄症ではなく、筋肉に関連する疼痛が大半を占めています。

さきほどの図をみてみるとわかるのですが坐骨神経は人体の中で一番太い神経だと言われています。その坐骨神経の周りには筋肉があり、ハムストリングや殿筋の過緊張があれば坐骨神経痛に摩擦が生じ炎症を起こす事もあります。

あとは腰椎の正常な弯曲が失われていたり、逆に腰椎が後弯し胸椎が前弯していたり様々な歪みを生じ腰椎部に負担をかけています。その影響でまわりの筋肉が緊張し血管や神経の圧迫をする事も考えられます。

出典 グレイ解剖学

脊柱の歪みの改善は坐骨神経痛の緩和には効果的

坐骨神経痛のほとんどは片足側の疼痛やしびれを伴います。両側にくることはほとんどありません。両側に大きな痛みやしびれまたは膀胱直腸障害などの症状が現れている場合には緊急を要する場合もありますので、精密検査をうける必要性もあります。

片側の痛みが出るという事は身体の歪みにより片側に負担がかかり痛みを伴っていると考えられます。

坐骨神経痛の改善に必要な事

step
1
歪みを整える

身体のバランスを整えることで正常な関節可動域へと改善する事が出来ます。

step
1
筋緊張を緩和させる

筋緊張を緩和させる神経上の施術や経絡上のツボは筋緊張を緩和させ疼痛緩和や血流改善に繋がります。

step
1
炎症を取り除く

炎症が起こる原因は血流の悪化です。血流を改善させることは治癒の促進にも繋がります。

ストレッチも有効

痛い部位のストレッチではなく痛みを伴っていない部位のストレッチを行う方がリスクもなく早期改善につなげていく事が出来ます。たとえばハムストリング(太ももの裏)が痛ければふくらはぎのストレッチをという具合に行っていけば全身の血流を促し神経や血管の圧迫を取り除いていく事に繋がります。

当院では症状にあわせて自分でも行えるストレッチ法をお伝えし自らも取り組んで頂く事で早期改善を目指します。

アイシングも有効

自らも行える方法にアイシングは有効です。アイシングの効果には筋緊張の緩和と血流促進による消炎鎮痛作用もあります。アイシング部位は痛み伴っている部位も有効ですが、リンパ節の多い部位や深部の筋肉がコリやすい殿筋部へのアイシングをお勧めいたします。

経絡リンパマッサージも有効

坐骨神経痛は膀胱経と胆経上の痛みを伴っているため膝窩や背中首の後ろや横などの少し押すだけでも痛い部位や皮ふをつかむと痛い部位へ軽い赤ちゃんの皮ふをこするくらいの力でリンパマッサージを行う事も効果的です。

坐骨神経痛は動かす?安静?

坐骨神経痛の9割は数週間以内で緩和し安静よりも身体を動かした方が改善傾向に向かうと言われています。その理由は解明されてはいませんが、血流を促す事で神経や血管の圧迫を取り除くことが症状の改善に繋がっていくのだと考えられます。そのため薬物療法などでは筋弛緩剤や血管拡張薬が使用され対症療法として用いられています。

薬物療法

多くの場合、痛み止めとしてまず非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)が主に用いられます。また、しびれるような痛みや発作的に生じる鋭い痛み(電撃痛といいます)などの神経の痛みに対しては「神経障害性疼痛治療薬」、筋肉の緊張をやわらげ症状を軽くする目的で「筋緊張弛緩剤」、血流を改善して症状をやわらげる目的で「血管拡張薬」なども用いられます。

出典元: 疼痛.JP

しかし痛みどめには数々のリスク(胃腸障害など)が報告されています。上記のことを意識するだけでも坐骨神経痛は薬に頼らなくても改善可能です。

坐骨神経痛の原因は様々

坐骨神経痛の原因には梨状筋症候群・仙腸関節炎・傷害・妊娠・ヘルニア・狭窄症・分離症などが考えられています。

当院での治療

多くの坐骨神経痛を改善に導きます

治療はスーパーライザーとバランス療法が中心になります。筋緊張を取り除き血管と神経の圧迫を緩和させ可動域の改善と疼痛緩和を進めていきます。神経痛の場合にはなるべく広範囲に施術範囲を広げることで全体のバランスと血流を改善させていく必要があります。

自分でできるセルフケア方法なども今後作成していきます。(そちらは有料になる予定です)

-腰痛

Copyright© くまのて接骨院|青葉台|疼痛緩和 , 2019 All Rights Reserved.