WEB予約

12月より水曜17-21時隔週診療&日曜隔週診療になりました。診療日を確認下さい。

喜び・成果・健康に繋がる青葉台駅徒歩6分の接骨院

坐骨神経痛の治療

~坐骨神経痛の根本治療~

坐骨神経痛の原因となる神経圧迫部位を明確にし根本治療を目指します。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は名前の通り坐骨神経上の炎症により主に臀部から太ももの裏にかけての痛みを伴う症状のことです。しかし実際には、痛みの原因は神経だけでなく、筋肉や姿勢の影響が大きいです。普段の生活習慣が原因となっていることもあるため、一様な方法で治るということにはなりません。

当院ではひとりひとりに適した施術を行うために、初診時の検査を怠らず、痛みの原因を明確にする施術を心掛けています。

対症療法ではなく

当院では施術による保存療法(原因療法)でなんとかしてあげたいと考えています。

神経炎症の原因とは

神経炎症のイメージとして適切なものはクライミングロープが岩に引っ掛かりこすれるようなイメージです。通常岩などの摩擦が起きなければロープは切れることも損傷することもありません。しかし、なんらかの問題が生じ、ロープが岩にひっかかればロープにたちまちストレスが加わり、ロープは損傷することでしょう。

神経イメージ

イメージです。

身体の中で摩擦を生じるもの

ロープが神経。では岩など身体の中で摩擦となるもので考えられるものは、筋、腱、骨などです。

筋や腱が柔らかく関節の動きも正常であれば神経を圧迫し炎症することはありません。

身体は様々な要因により気付ないうちに癖がついています。その癖が過度に影響を与えれば、たちまち炎症を来たしてしまいます。

 

坐骨神経痛の原因

腫れと炎症

ほとんどの坐骨神経痛は腫れと炎症によるものです。腫れや炎症があるから痛みを伴います。そのため、坐骨神経痛を改善するには腫れと炎症を抑制することが大切です。動きの改善・筋緊張の改善・姿勢の改善ももちろん重要ですが、炎症の抑制が一番即効性があり満足して頂ける施術となります。

どこを施術するか

腫れ炎症の治療をすれば痛みは改善しますが、ではどこが腫れていてどこに炎症があるのかが、わからなくてはいけません。そんなの痛みがある所に決まっているという考えでは、多くの痛みは治癒に至りません。痛みの場所と腫れを伴う炎症を起こしている部位は違います。

痛い場所が悪い場所とは限らない

TREATMENT坐骨神経痛の治療

治療法 効果
スーパーライザー照射 近赤外線の照射により坐骨神経などの深部の炎症にも効果的
バランス療法 身体の歪みは筋緊張の原因となります。
ストレッチ療法 ストレッチは筋ポンプの改善にも繋がり、再発予防に。
その他 食事療法による代謝の促進血流の促進も早期改善に繋がります。

施術の流れ

  • 痛みの部位を問診
  • 関節の動きを触診
  • 腫れや炎症部位を把握
  • 脊柱の問題部位を把握
  • 身体のバランスや重心のチェック
  • 身体の状態を説明し施術へ
  • 身体のバランス重心の改善
  • 炎症部位へ近赤外線の照射
  • 脊柱の改善
  • 施術後の状態確認
  • おすすめのストレッチなどを指導

施術を繰り返し治癒を目指します。

坐骨神経痛の治療イメージ

 

当院の約束

坐骨神経痛でお困りでしょうか?他の接骨院に行ったけど、全く症状が変わらない方や身体の状態を詳しく知りたい方は当院にご相談ください。効果の高い治療器を併用し、痛みのない根本的な解決を目指していきましょう。

2019年4月23日

© 2020 くまのて接骨院