fbpx

限界を感じたらくまのてへ!

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の原因の多くは筋肉の過緊張により神経への摩擦や圧力が高まることで痛みや時にしびれを引き起こします。

 

坐骨神経痛の症状

出典 グレイの解剖学

主に殿部の付け根から下肢の後側に現れる症状のことを坐骨神経痛といいます。(坐骨神経上にある痛みを伴っている症状のこと)左図黄色

しかし、レントゲン(X線)の結果で坐骨神経痛の痛みかどうか判断する事は難しいです。

その理由は

レントゲンは骨を写すもので、坐骨神経は当たり前ですがレントゲンには写りません。レントゲンで判断出来ることは骨の並びや傾き隙間などをみて、異常な所見があるかを判断しています。

ただし、その骨の状態はあくまでもひとつの指標であり、『骨の状態が悪いから坐骨神経痛を起こしています』とは断言することは出来ません。

『坐骨神経痛がおこってるかもしれない』という可能性になります。

より詳細な判断をするにはMRIなどを用いる必要があります

レントゲンもMRIもとれない接骨院ではどう症状を判断してるのか

当院では多くの坐骨神経痛を短期間で治癒に導いています。

前述した通り、坐骨神経痛は症状名です。画像診断上(MRIなど)で明らかに異常な所見があっても、症状がある人とない人がいます。ある特定の動作(座ってると痛む、歩くと痛む)で痛みを伴うためMRI(寝た状態での画像診断)では異常な所見が見当たらない可能性もあります。

そのためくまのて接骨院では、まず症状を把握することから始めていきます。

症状の特徴とタイプ

坐骨神経痛といっても実は症状はひとにより様々です。一番の特徴としては片側におこる下肢の痛みです。症状の程度としては、足の末端に症状が現れるほど悪く難治の坐骨神経痛の傾向があります。

症状の程度症状の部位と特徴
低度殿部までの痛み
低中度殿部から太ももの痛み
中度殿部からスネの痛み
重度殿部から足の末端までの痛み

※上記はくまのて接骨院での指標ですが、ひとにより痛みの感じ方は違います。低度としている殿部までの痛みでも人によっては、『もう治らないかも』と思うほど、精神的にも悲観的になるくらいの方もいます。

痛みと共にシビレなども伴う場合にはより慎重な判断が必要

大きく2タイプの坐骨神経痛

  1. 座っていると痛むタイプ
  2. 動いていると痛むタイプ
  • 全く別物の坐骨神経痛で治し方にも工夫が必要です。
  • 多くは座っていると痛むタイプの坐骨神経痛です。
  • 症状で判断するだけでも大方の治療部位は予想が付きます。
  • 逆に症状を確認せず画像診断だけではリスクが高まる事も考えられます。

リスクとは

とりあえず痛みを押さえる為に関連する腰椎へと注射を打ったり、痛みどめなどの飲み薬を飲まなくてはいけないリスク

坐骨神経痛の痛みの原因

痛みの原因はなにか?

冒頭で述べたように、坐骨神経痛の原因の多くは筋肉の過緊張により神経への摩擦や圧力が高まることで痛みや時にしびれを引き起こします。

問題をおこすであろう筋肉

  • 梨状筋
  • ハムストリング
  • 腸腰筋

当院では腸腰筋は腰椎の前から骨盤内を通り大腿部に付着する筋肉ですが、腸腰筋の緊張Ⅰ座っていると痛むタイプの圧力を高めるため痛みを助長させると考えています。

坐骨神経痛治療のポイント

多くの治療院や病院などの西洋学的な診断では、後ろの痛みは後ろに原因があると考えがちですが、前側にも目を向けると治療の幅が広がります。

腸腰筋の治療には、施術法が重要であり的確に施術する事で効果の高い即効性のある治療をすることが出来ます。

くまのて接骨院の施術と他院の施術の比較イメージ2

坐骨神経痛の治療の方法

坐骨神経痛の治療の約束

治療は上記の問題を起こす筋肉(腸腰筋・ハムスト・梨状筋)の筋緊張の改善が基本となります。(重要狭窄症・ヘルニア・分離症などと診断をうけていても症状に対する治療となるため病名は関係ありません。)

スーパーライザー照射は筋緊張の改善にも効果的です。

坐骨神経痛の治療イメージ

坐骨神経痛の喜びの声

 

坐骨神経痛治療のおまけ(当院に来られない方)

坐骨神経痛でお困りの方で、信頼できる医療機関が無い場合には下記を参考にして下さい。

ストレッチは有効です。

筋緊張を起こしている筋肉を説明しましたが、その筋肉に対してのストレッチは有効で、当院では施術と共に自らも行えるストレッチ療法を教えることで協力して頂いています。

(ストレッチ方法についてはここでは端折らせて頂きますが、機会があれば別記事にて説明致します。)

アイシングも有効です。

自らも行える方法にアイシングは有効です。アイシングの効果には筋緊張の緩和と血流促進による消炎鎮痛作用もあります。アイシング部位は痛み伴っている部位も有効ですが、リンパ節の多い部位や深部の筋肉がコリやすい殿筋部へのアイシングをお勧めいたします。

とりあえず、一番手軽に効果を感じたいのであれば、股関節の前側(鼡径部)を直接氷でマッサージするように10分ほどアイスマッサージすることもおススメ致します。

記事作成者

院長 熊谷卓眞くまのて接骨院 院長 熊谷卓眞

 

投稿日:

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.