坐骨神経痛の施術について

坐骨神経痛で生活に支障を来たしているようでしたら当院にご相談下さい。

坐骨神経痛|30代女性

”たった数回の通院で坐骨神経痛の痛みがなくなりました!”

続きを見る

こんな症状でお困りの方

  • 座っている際に脚お尻に痛みしびれが出てくる
  • 歩行中に脚に重みやしびれを感じる
  • 腰を前屈時や後屈させた際に脚に強く痛みしびれを感じる

坐骨神経痛の原因

臀部から太ももの裏にかけての痛みを伴う症状のことで、腰痛などを抱えている方に多いです。

坐骨神経痛

原因は様々

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • すべり症・分離症

などを患っている方に症状を起こしやすいと言われていますが、それだけではないようです。

根本的な問題とは

  • 柔軟性の低下
  • 筋緊張
  • 筋硬結
  • 下肢血流障害
  • 脊柱のずれや硬化

など改善する要素は多くあり、ヘルニアや狭窄症を改善するよりも根本的な問題をひとつひとつ解消して言った方が早期改善が望めます。

坐骨神経の炎症が痛みの原因

神経イメージ

身体の硬い人に坐骨神経痛が多い

神経に摩擦や圧迫が繰り返される事で神経も炎症してしまいます。何らかの炎症を来たすものには筋緊張や筋硬結などがあります。また神経は筋肉と筋肉の間を通ったり、筋肉と骨の間の狭い箇所を通るので、身体の硬さは坐骨神経に圧迫摩擦が加わりやすくなります。

坐骨神経痛の施術

坐骨神経痛

坐骨神経痛の治療イメージ

坐骨神経の施術は表層から深層の改善を要します。

  • 表層の張りは血行不良を来たし坐骨神経痛を悪化させる要因になるために表層の血行を促すように施術を行う事で即効性のある効果もあります。
  • 深層の硬結や緊張にはストレッチが効果的です。ストレッチには筋ポンプの働きを整え良質な血液を送り届ける働きもあるために神経の炎症の抑制にも効果を発揮します。

坐骨神経痛は放っておいても治る?

どちらともいえない。

症状が軽い人は放置していても治る可能性が高いですが、痺れを伴っていたり歩行にも支障を来たしているようでしたら、なるべく施術を行い血流を強制的に促したり、深部の筋肉を適切に伸ばす対処法を知る事が大切です。

多くの坐骨神経痛は片側?

はい。

多くの坐骨神経痛は片側である事がほとんどです。もし両側に痛みやしびれを伴うようでしたら注意が必要です。

坐骨神経痛でお困りでしたらご相談下さい。

坐骨神経痛といっても人によって症状や原因が違う事が多いです。ひとりひとりに合わせた施術を当院でしたら行う事が可能ですので、もし他院で施術していても経過が悪い場合には是非当院にご相談下さい。

関連記事

坐骨神経痛|30代女性

スーパーライザーの効果

2019年4月23日