接骨院について

物理治療機の特徴(形状と機能)

治療機器に必要な特徴

物理治療機は形状と機能が効果に影響を与えます。

身体は物理的な刺激により、様々な反応を示します。

  • 針のような細い刺激
  • 棒のような太めの刺激
  • 面のような柔らかな刺激

形状の違いによっても身体が示す反応は大きく違ってきます。

物理的な刺激には大きく以下のようなものがあります

  • 温熱
  • 冷却
  • 電気

物理刺激

温熱刺激には遠赤外線や超音波、スーパーライザー、ラジオ波など身体に熱の刺激による効果があります。

冷却刺激にはアイシング、クライオセラピーなど冷たい刺激による効果があります。

電気刺激には低周波、干渉波など電気の周波数などをかえることによる刺激による効果があります。

物理的な刺激によって身体の中で様々な反応が起こることで血管拡張作用、筋収縮作用、鎮痛作用、血流促進作用、神経興奮抑制作用など様々な作用が働く事で身体を治癒に導いたり、早期改善が可能となります。

治療機
物理治療の効果の詳細

物理治療機の効果や種類《電気・温熱・光・音波・鍼灸》

続きを見る

物理治療機の組み合わせ

物理治療機も様々な効果の組み合わせで高い効果を得ることが出来る。

近赤外線+温熱+針

アキレス腱炎

当院にあるスーパーライザーは近赤外線+温熱+針の刺激の組み合わせです。
先端は針ほどは細くは無いですが、経絡上の症状に適切に照射する事で内臓にも良い影響を与えることが出来ます。

微弱電流+経絡

微弱電流エレサス

エレサス

微弱電流で有名なものにはアキュースコープ(アキュ=針)やエレサスなどがありますが、痛みのある部位を治療するやり方以外にも経絡上に電流を流す事で身体のバランスを整えることで身体に良い影響を与えることが出来ます。

近赤外線+赤色青色LED+ハイボルト

当院に導入しているメディチャーライトですが、様々な効果が複合された治療を行う事が出来る他に点と面で治療の刺激をかえることが出来る為に、扱いやすく多くの症例で高い効果を得ることが出来ます。

メディチャーライトを導入

メディチャーライトはハイボルテージとマイクロカレント(微弱電流)+3色の光が搭載されています。

続きを見る

その他の組み合わせ

超音波+ハイボルト超音波+微弱電流など様々な刺激を組み合わせることで効果の高い治療をする事が出来るのが物理治療機の特徴のひとつです。

物理治療機の作用

物理治療機は鎮痛作用だけではありません。

痛い所に当てれば、治るというケースはごくわずかです。

物理治療機をうまく使用する事で急性期の捻挫の腫れも引かすことが出来ます。
(アイシングも腫れを引かせるには有効です。)

疲労骨折

6月29日

痛みの機序

 

痛みのある所は何らかの原因で、血流が停滞しています。

血流が停滞する原因には筋肉の硬さが原因であったり、姿勢やバランスの悪化など様々な要素が重なると血流が停滞し痛みを引き起こします。

そのため、痛い所だけを治療するのは、川の流れがせき止められている川下を治療するのと同じで、川の流れがせき止められている原因に対して処置しなくてはなりません。

効果の高い治療をするためには

  • 物理治療機の形状と機能を理解する
  • 痛みの原因を把握する
  • 治療ポイントを明確にする

効果の高い治療をしている所は上記の3つの理論がしっかりしているはずです。

おすすめの書籍

WEB予約する

-接骨院について

Copyright© くまのて接骨院 , 2020 All Rights Reserved.