WEB予約

12月より水曜17-21時隔週診療&日曜隔週診療になりました。診療日を確認下さい。

痛みやスポーツ外傷

変形性膝関節症を予防

2020年9月11日

変形性膝関節症でお困りの場合には当院にご相談下さい。

変形性膝関節症にはステージがあり、関節の狭小化から軟骨破壊そして骨破壊となります。変形性膝関節症と診断された場合にも、まずはそれがどこのステージにあり、まだ予防が可能かどうかを見分ける必要があります。

変形性膝関節症は青葉台のくまのて接骨院
変形性膝関節症のステージをチェック

続きを見る

例えば、一般的には骨破壊まで進行している場合にはかなり状態も悪く、手術も考慮した治療を要するようになります。

しかし、関節の狭小化しかレントゲン上はみられずに痛みがかなり鋭い場合には、軟骨の痛みや骨の痛みだけでなく、関節周囲の軟部組織(関節包・靭帯・筋腱)の炎症を疑い対処して行く事が大切です。

  • O脚などが進行し、膝蓋骨と大腿骨の間で炎症を起こす痛みの場合もあります。
  • 膝関節には実は問題なく、腰部からの神経痛の場合にも膝に痛みを引き起こします。

人により予防の仕方も異なります。誰もが生涯自分の脚で歩きたいという思いを持っています。かなり進行した状態で対処するよりも、前もって対処し、生涯に渡り丈夫な膝関節を維持するかは、信頼出来る施術者を見付けることも大切です。くまのて接骨院は信頼して頂ける施術者として尽力しています。

-痛みやスポーツ外傷
-,

© 2020 くまのて接骨院