fbpx

限界を感じたらくまのてへ!

腰痛

筋緊張が原因の腰痛についての考察

更新日:

このページは筋緊張性の腰痛の説明です。腰痛の原因は様々です。

筋緊張すると腰に問題を起こす筋肉

腰痛筋緊張イラスト図

  1. 殿筋(お尻の筋肉の中殿筋や大殿筋)
  2. ハムストリング(太もも裏の大腿二頭筋や半腱半膜)
  3. 腸腰筋(腰を前から支える筋肉)

 

腰に問題を起こす筋肉と痛みは別?

上記の筋肉の筋緊張により腰部に負担がかかることで腰痛を起こすのが筋緊張性の腰痛の特徴です。

多くの腰痛は腰に負担かかり炎症することが原因です。治療では腰に負担がかかる筋緊張をいかに改善していくかが治療のポイントになります。

腰痛治療院の選びのNG

  • NG腰に電気だけをかける
  • NG腰だけをマッサージをする
  • NG腰に湿布を張る

OK痛みの原因となる腰部は炎症を抑制する治療を行い、筋緊張を改善するために臀部やハムストなどの治療を行う

 

筋肉の緊張が腰部に与える影響

まず正常な関節の可動域の低下により腰部に負担がかかることが考えられます。

  1. 殿筋の緊張による股関節の屈曲制限
  2. ハムストリングの緊張による体前屈の制限
  3. 腸腰筋の緊張による股関節屈曲内旋制限

など筋肉の緊張は筋肉の種類により様々な可動域制限を起こします。

ポイント

腰痛の症状の改善を目的とした治療を行えば、多くの腰痛は改善することが出来ます。

 

そもそも筋緊張とはどういう状態か

緊張を起こしている筋肉は固いだけでなく、押すことで痛みを起こしている筋肉(圧痛)です。

筋緊張の原因は

  • 身体のバランスによる神経性の下肢の過緊張
  • 生活習慣による影響で座り仕事が原因によるハムストリングの緊張
  • 過去の運動歴により筋肉が修復されずに弾力性が低下することによる筋硬結を伴う緊張

※硬結(筋肉の部分的なコリ)や緊張(筋肉全体のつっぱり)は触診により把握することが出来ます。

バランスの崩れが筋緊張を引き起こす

バランスの崩れが筋緊張を引き起こす

筋緊張腰痛の特徴や症状

筋緊張の腰痛の多くは動作痛を伴います。

動作痛とは

関節を特定の動きをしたときに痛みを伴う動作のこと

どの筋肉に問題があるかどうかで動作痛や腰痛を起こす部位にも違いがあります。

バランスの影響

身体のバランスにより左のハムストリングが緊張しやすい(日本人の7~8割)のですが、それに伴い左の腰痛を起こす原因にもなります。

身体のバランスにより右の腸腰筋や坐骨神経に影響をしやすいのですが、それに伴い右の股関節のほうが開きにくくなり、右の腰痛の原因にもなります。

右の股関節の開きの制限

簡単にできる股関節のチェック

椅子に腰かけ左右の股関節の開きを確認してみるとどうでしょうか?右のほうが・・固くないですか?

※筋緊張の影響により各関節の動作が低下することにより腰部に炎症が起こると腰痛を発症するのが筋緊張性腰痛の特徴です。

筋緊張腰痛の治し方

筋緊張の抑制は筋肉の裏側も意識した施術が効果的です。

原因となる筋緊張を抑制し炎症を起こした腰部の痛みを取り除くことで多くの筋緊張性の腰痛は改善することが出来ます。

腰痛治療ポイント箇条書き

  • 身体のバランスを整えるだけでも筋緊張の抑制になります。
  • 生活習慣により機能低下を起こしてしまった筋肉にはストレッチは有効です
  • 腰痛にはアイシング・ストレッチはダメという理論のない発想を持たない。
  • しかし的確なストレッチが有効で、腰に炎症を与えるストレッチはNGです。
  • レントゲン上では腰痛を判断することはできません。症状に対する治療を行いましょう。
  • 過去に激しい運動していた人は代謝が悪くなり、体重が増えると腰痛を発症する割合が増加します。
  • そういう人は代謝をあげるための食事療法は有効です。
  • 残念ながら腰痛は熱意だけでは治りません。知識技術を持っている施術者を頼りましょう
  • 施術後に症状が緩和するかどうかがポイントです。

多くの腰痛は機能低下によるものです。正常な機能を失ってしまった状態を取り戻すことが腰痛治療のポイントです。

多くの腰痛でお困りの方の参考になれば幸いです。

記事作成者

院長 熊谷卓眞くまのて接骨院 院長 熊谷卓眞

 

 

岩井先生の著書です。治療家として申し分ない実績があり、治療目線で考えられたストレッチ本は私としても大変貴重な本で、この本を参考にして、ストレッチ指導することが多いです。

おすすめのストレッチ本amazon販売サイトへ

-腰痛

Copyright© くまのて接骨院 , 2019 All Rights Reserved.