ランナー膝について

ランナー膝は【腸脛靱帯炎】【膝蓋大腿疼痛症候群】といわれランナーに多い膝の疾患です。

腸脛靱帯炎

ランナー膝の原因

腸脛靱帯は, 膝関節屈曲30°以上で大腿骨外側上顆の前方に, 30°未満で後方に位置する. 繰り返しの曲げ伸ばしにより摩擦が生じ, 炎症が発症するといわれている。しかしながら,  摩擦による腸脛靱帯自体の炎症を認めず, 腸脛靱帯と大腿骨外側上顆間の滑液包の炎症や滑膜炎との報告もある. このため, 腸脛靱帯炎は「大腿骨外側上顆付近の疼痛を発症する病態」として考えられています。

ランナー膝といわれると腸脛靭帯の炎症と考えがちですが、実際にはそうでない場合も多く、膝外側の疼痛をランナー膝の病態と考えられます。

膝の外側(写真では左側)は神経も集まりやすく痛みを感じやすい部位です。

ランナー膝が起こりやすい人の特徴

  • 大腿部外側の筋緊張や圧痛が強い人
  • ハムストリング(太もも裏)外側と腓腹筋の外側が硬い人
  • 腸骨上部が硬く腰部から起こる神経になんらかの問題を生じている人

上記の3つを最低限抑えつつ、外側部の炎症を抑制させ腫れを軽快させる事が最短で治すポイントです。

ランナー膝は難治化慢性化している人も多く、それが原因で満足した競技生活が送れない人も多いです。思うように改善せず、治ったと思っても再発を繰り返す人も多いです。炎症はしっかり取り除かなければ再発のリスクも高くなります。再発させないためにもしっかりした治療を受ける必要があります。