WEB予約

12月より水曜17-21時隔週診療&日曜隔週診療になりました。診療日を確認下さい。

BLOG

膝の痛みのチェックポイント~軸について~

2020年8月18日

膝の痛みでお困りの方は多いです。

オンライン(インターネットを介し)でも様々な膝痛に対しての対策の仕方を紹介して行きます。膝痛でお困りの方は是非今後の配信をこまめにチェックして下さい。

様々な膝痛

  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • タナ障害
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • 膝蓋大腿痛症候群

など

膝の痛み方によって対策の仕方も異なってきますので、まずは自分自身の身体の状態を知り、どう対策していく必要があるか学ぶ必要があります。

膝に痛みを伴っている時に膝だけをなんとかしようとしてはいけません

これは最も基本的な問題です。『膝が痛いから膝に痛み止めの湿布を貼る』『膝が痛いから膝のサポーターを付ける』

これらは根本的な解決にならないばかりか、今後悪化して行くリスクは変わりません。

膝の痛みに対して股関節周囲のリハビリは有効とされています。

膝痛の場合には膝だけの取り組みだけでなく、股関節・腰部・足首または上半身の改善も意識するだけで、難治・慢性化した膝痛や変形性と言われた膝の痛みに対しても効果があります。

そこで、今回は膝の軸について説明していきます。

膝の向きや位置関係

膝を椅子に乗せる

膝の軸を確認

まず膝のお皿の向きやつま先の向きを確認してくて下さい。

寝ている状態でもいいのですが、立った状態で椅子の上に片脚を乗せ姿勢を真っすぐに正した状態が出来るかまず確認してください。

この時に腰が丸まってしまったり、つま先が外を向いてしまったり、つま先を真っすぐ上に向けると膝が曲がってしまったり膝が内側を向いてしまったり、身体が真っすぐではなく、横に向いてしまう場合には膝を痛めやすい状態です。

  • つま先の向き
  • 膝の向き
  • 腰の向き
  • 足裏の緊張

などに注意して状態を維持できる事が理想的です。

 

-BLOG
-

© 2020 くまのて接骨院