WEB予約

日曜診療のおしらせ。詳しくはこちら

青葉台接骨院開院ちらし

経営について

当院の信念のはじまりとは

2020年11月12日

開業時にお配りしたチラシがあります。今思うと恥ずかしい文面などもあり、やる気と思いや不安などが混在している様子が分かります(笑)

文面を読み取ると『とにかく皆治してあげたい』という信念があります。当時は『治せます』ではなく、『治したい』という願望の方が強く、治せる接骨院を目指して開業に踏み切ったわけです。

開業した理由は若さゆえの勢いもあったのですが、私自身は治せる師の元で働きたかった思いはまだあったと思います。(開業不安で怖いですから)しかし、開業に踏み切った理由のひとつに『絶対治したい』という思いを持っている接骨院の少なさゆえです。リラクゼーションを主体として接骨院が圧倒的に多いんです。

探せと探せど自分の思いに合致する所なんてそうないわけです。

そういう思いは今も変わらず持ち続けており、治せない症状や満足して頂けなかった患者さんに対しては全て私の技術や判断不足として認識しており、年齢のせいにしたり、患者さんのせいにする発言や行動は自分の信念に反する事になります。

なぜこんなに治す事にこだわるのか

自分でも不思議なのですが、なぜそこまで治す事にこだわってきたのか。

専門入学時はそこまで強いこだわりはなかったはずなんですよね。働きはじめてからがひとつのきっかけになっていたと思います。そのきっかけはひとりの先生との出会いのように思います。若い時に高い信念に触れてしまったことで、自分自身に枷(使命)を与えてしまったんだと思います。

この仕事は治す事が出来る仕事ですし、困ってる人がいるのだから治さなくてはいけない仕事なんだと使命を感じてしまったんですよね。

そんなこんなで自分自身で使命を感じて信念が出来上がってしまったわけです。中々曲げることが出来ない性格で責任感の強さゆえ治さなくてはいけないという使命をおい、この信念を変わらず持ち続けるという信念をもってこれからも尽くしていきたいと思います。

ブログカテゴリ

-経営について

© 2021 くまのて接骨院