WEB予約

12月より水曜17-21時隔週診療&日曜隔週診療になりました。診療日を確認下さい。

痛みやスポーツ外傷

ジャンパー膝について(膝蓋腱炎)

ジャンパー膝とは通称で別名膝蓋腱炎と言われます。

ジャンパー膝でお困りでしたら青葉台のくまのて接骨院へ

ジャンパー膝の痛み

ジャンパー膝は腱の炎症です。腱は一度痛めると治りにくい特徴があるのですが、当院で使用する近赤外線では、施術後すぐにでも軽快感がえられると好評です。

主な痛み

屈伸時にも痛みを伴いますが、重症化すると歩行時に痛みを伴います。

鑑別診断

オスグッド・タナ障害・膝蓋大腿靱帯炎などその他の病態と見分ける必要があります。

年代と性別などでも評価する事は可能です。

オスグッドシュラッテル病

オスグッド写真
成長期の膝痛オスグッドとは

続きを見る

10~14歳 男性

タナ障害

内側の滑膜ヒダの炎症でクリック音や引っかかり感などからこすれるように炎症し発症します。

ジャンパー膝の特徴

ジャンプをするスポーツに多いことからジャンパー膝という名称が付けれられています。主にバスケやバレーなどのスポーツに多く発症します。

主に片側性ですが、両側に痛みを伴い来院される方も結構いらっしゃいます。

ジャンパー膝の原因

大腿四頭筋腱の緊張や短縮から膝蓋骨下の腱が硬くなり張力や負荷に耐えられず発症します。

やはり原因は大腿四頭筋の硬さと考えがちですが、太もも前だけでなく、後ろ側外側にも緊張が認められるが多く、下腿(膝下)の緊張など脚全体の疲労も関係してきます。

その他の原因

  • 姿勢の悪化
  • 柔軟性不足
  • 膝関節可動域の低下
  • 腰部からの神経の問題
  • 血行不良

など様々な原因が重なることで慢性難治化して行きます。なるべく早めに対処して行く事が大切です。

痛みが出てからでは遅い?

実は痛みを感じる前から膝蓋腱には炎症が出ている事がほとんどです。腱の痛みを感じる頃には炎症が拡がっている事がほとんどです。

試しにお皿の下を押してみるといいです。通常悪くなければ全く押しても痛みは無いはずですが、少しでも痛みを感じる場合には膝蓋腱に炎症を起こしている可能性があります。

豆知識

年齢関係無く、膝蓋骨の周りを触ってみて下さい。普段違和感が無くても膝周囲に炎症を起こしている人は割と多いです。股関節の痛みを感じてきたのに、膝の炎症の方が強く出ている方もいます。その場合には膝の炎症を取るだけでも股関節の痛みが軽快する事もあります。

痛みは自分では分かりません。頼れる専門家に身体を診てもらう事も運動を続けていく上では必要な事です。

ジャンパー膝の施術

当院ではメディチャーライトを使用した治療を行っています。

  • 炎症の抑制
  • 深部の血行促進
  • 筋緊張の緩和

などを目的に必要な箇所に施療する事で即座に腫れが引き屈伸が軽くなります。

その他の対策

身体の柔軟性をあげ血行を促進させていく事が大切です。腰や股関節が悪い事もあるため必要なストレッチや運動方法など指導し早期改善と早期競技復帰を目指していきます。

 

青葉区近郊の方だけでなく、競技に真剣に取り組んでおり、しっかりとした対策と施術を受けたい方は是非ご相談下さい。

当院が責任をもって競技復帰と競技力の向上までサポート致します

-痛みやスポーツ外傷
-

© 2020 くまのて接骨院