青葉区青葉台にあるくまのて接骨院は交通事故によるむちうち損傷に真剣に取り組んでいます。

交通事故治療

 045-482-3120

※完全予約制 ご予約お問い合わせは電話がおすすめです。

通院までの流れ

このページでは交通事故に遭ってしまった際に経る事故後の流れを説明しています。以下のステップを経て接骨院へ通院しましょう!

事故発生からの流れ

step
1
事故発生

事故発生時には、自身の状態や同乗者の状態または相手側のケガの状況を確認しましょう!ケガ人がいれば即座に救急車などを呼ぶことが大切です。その場で示談交渉はせず必ず警察を呼びましょう!その後に起こるであろうとトラブルやリスクを回避することにも繋がります。

step
1
・加害者の連絡先を聞く

連絡先など以下のことをお聞きし、ご自身の加入している任意保険会社にも連絡しておきましょう。

メモ

相手の住所や氏名・車両の所有者ナンバー・加害者の保険会社など・加害者の自賠責保険証明書番号など

step
1
・病院へ行く

人身事故には医師の診断書が必要になります。(体のどこかに痛みがなくても数日後に痛みを伴うケースもあるため念のため受診するといいでしょう)

メモ

ケガの治療は速やかに始める。
(事故後数カ月経ってから受診しても事故との因果関係を証明する事は難しくなります。)

診断書は医師しか書くことは出来ません。(接骨院では発行できません。)病院で発行してもらう診断書は警察(人身手続き)や保険会社へ提出する事になります。

診断書は自賠責保険の請求に必要な書類です。もし、相手方が任意保険に加入していない場合には被害者自身が直接自賠責に請求する事が出来ます。(被害者請求)

step
1
・警察署へ行く

自賠責保険の請求に必要な交通事故証明書が必要になります。

メモ

交通事故現場では念書や示談交渉をしない

交通事故証明書については詳しくは自動車安全センターのHPをご覧ください。

接骨院で通院する

接骨院へ通院の際には上記のステップを経ているとスムーズにご案内する事が出来ますが、頸部や腰部などの軟部組織の損傷の場合には、なるべく早期に治療をはじめていくことが大切です。

軟部組織の損傷の場合にはレントゲン検査では痛みの箇所を把握する事は困難であるため、軟部組織の損傷に強い接骨院での施術を求める方が多くいます。

軟部組織の損傷の場合にはなるべく早期に治療をする必要があり、医師から『安静の支持』『痛みどめの処方』のみの対応しかしてもらえない場合には、接骨院で受診することも検討して行きましょう。

整形外科などの病院へ受診の際に、医師へ以下の理由などにより近くの接骨院で施術を受けたいことを伝えておく事で保険会社の対応もスムーズです。

  • 通院が困難
  • 診察時間に間に合わない
  • 信頼出来る接骨院で施術を受けたい

接骨院の通院の必要性?

頸部や腰部などの痛みを伴う場合には軟部組織(筋肉や腱)の損傷が第一に考えられます。むちうちなどの頸部の損傷が自然に治癒すると誤った判断をすると、首の可動域が低下する恐れがあります。

特に事故の前より首に違和感を抱えている場合には、事故がきっかけで後遺症になりやすくなります。

一例

交通事故により頸部を損傷したが、以前より肩こりなど頸部を動かすと違和感を感じていた方が、事故により損傷する事により首の痛みを悪化、軟部組織の損傷と判断され医師に安静を支持されていたが、1か月経っても痛みが改善されないばかりか、首の回旋が以前よりも困難に、首全体にこわばりを感じはじめた。

頸部に限らず、軟部組織の損傷の場合には必ずしも安静にする事で治癒が早まることはありません。しっかりとした治療を行える当院などの接骨院を頼りにすることが賢明です。

まとめ

ポイント

  • 交通事故の際には病院と併院することも考えましょう
  • 交通事故の流れを理解し保険会社や病院や接骨院と良好な関係を築いていきましょう
  • 交通事故治療に詳しい接骨院で治療しましょう
no image
通院から治癒までの流れ

初期の手続きが終わり、続いて通院から治癒までの期間の流れを理解しておくことで、その後に起こりうるトラブルやリスクなどを回避することもできます。 通院中の流れ step1通院の連絡 医師の診断書をもらい ...

続きを見る

更新日:

Copyright© 交通事故治療 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.