股関節の可動域が低下する原因

2020年11月9日

股関節の可動域の低下は様々な疾患の指標になるために、股関節に症状を訴えていなくても股関節の状態をチェックする事はとても大切です。特に股関節は複雑な動きを行う臼状関節といわれる多軸関節です。股関節周囲は筋肉に囲まれ様々な動作を可能としています。

股関節の動作が低下する理由

股関節の可動域が低下する理由には関節状態の問題とその他の別要因が重なり股関節動作に支障を来たす事が多いです。

関節状態の問題

  • 関節の変形
  • 大腿骨の頚部骨折
  • 股関節唇損傷
  • グローペインシンドローム(股関節周囲炎)
  • 股関節周囲筋肉離れ
  • 腸腰筋炎

その他の要因

上記で記した関節状態の問題以外にも股関節の可動域が低下する要因は多くあります。

くまのて接骨院

それでは下記のうち股関節の動きに支障を来たす部位や原因はどこでしょうか?

  • 足関節
  • 背中

実は、上記の全てどれかひとつに支障を来たしても股関節動作は低下します。

そのため股関節の動きをチェックする事で身体のどこに問題があるのか推測する事も出来ますし、逆に股関節が硬い原因が股関節にあるわけではないため、股関節を柔らかくしようと股関節のストレッチを多くやると、股関節を痛める原因になることもあります。

股関節を柔らかくしたい

股関節は様々な関節状態に左右されてしまうために股関節を柔らかくしたい場合には、全身の状態を改善する必要があります。(股関節に炎症を来たしている場合にはそれをまず取り除く)

ひとつアドバイスすると姿勢を正すだけで股関節の動きは改善します。

  • 背中の丸まり
  • 膝の伸展
  • アキレス腱の硬さ
  • 身体の歪み

など問題がある部位の姿勢を正す事で必ず股関節は柔らかくなります。

-施術