股関節の状態をチェックするだけで予防になる

2020年11月9日

膝や腰が痛い場合だけでなく、身体の不調例えば肩こりや胃腸の不調などがある場合にも股関節の状態をチェックすることが大切です。

股関節には様々な情報が詰まっています。

その中でも今回は以下のことについて簡単に解説していきます。

  • 股関節と腰痛
  • 股関節と膝痛
  • 股関節と肩コリ
  • 股関節と胃腸の不調

股関節と腰痛予防

股関節の動きが悪ければ腰部に負担がかかり腰痛を引き起こすやもしません。

関連する筋肉として重要な働きをするのは腸腰筋といわれる股関節の前を通り腰部の前に付着する筋肉です。この筋肉が硬く伸縮性が失われると股関節の動きにも問題が現れます。特に股関節を屈曲内旋する動きに問題が現れるため、股関節の動きを確認す十分に胸に引き寄せられるか確認するだけでも腰の状態を確認する事が出来ます。

股関節と膝痛予防

膝に痛みを伴って来院する人の多くは膝だけに問題がある事はごく稀です。

Hamstring

膝の痛みの多くは膝以外にも問題があり、股関節の状態次第では直接膝関節に問題を引き起こします。膝関節に負担がかかる原因としてハムストリングの緊張により股関節が外旋し膝関節の内側が前に向いてしまったいる状態です。膝関節が正常な屈伸運動を行えなくなり膝関節がねじれる事で繰り返し摩擦が起こり炎症を伴っている事が多いです。

膝の痛みがある場合にもまずは股関節の状態を確認する事が大切です。

股関節と肩コリ予防

『え。』と思いの方もいらっしゃるかと思いますが。股関節の改善は肩コリ予防も出来ます。

経絡人形

何故肩がこるのか理解出来れば、股関節の状態を改善するだけでも随分肩こりを軽快させることが出来ます。身体には経絡というものがあり、下肢から肩にも多く経絡が流入しております。特に代表的なものですと胆経と言われる身体の側面を通る経絡です。経絡の改善により身体の滞りを解消することで根本的な肩こりの解消に繋げることが出来ます。

股関節と胃腸障害

胃腸障害をともなっている場合にも股関節の状態をチェックする事は役に立ちます。

股関節経絡

股関節の前には様々な経絡が流入するだけでなく、腸腰筋やリンパ節など腸の働きと関連する機能が多くあります。腸の働きは腸内細菌だけで作られるわけではなく、周囲の筋肉や自律神経の働きなども重要であり、胃腸障害にも股関節の動きを正常に戻すだけで、胃腸の機能にも影響を与えることは明白です。

股関節の可動域を習慣的に✔する癖をつけてはいかがでしょうか。

-施術