子どもの姿勢の改善に必要なトレーニング①背筋

2021年7月7日

子ども姿勢の改善①

真っすぐうつ伏せで脱力している状態ですが腰部は腫れている状態です。

子ども姿勢の改善①

上体を起こし背筋している状態ですが、発赤している部位はやはり背筋の盛り上がりが不明瞭です。

足首の捻挫で来た患者さん(小学5年生)が協力してくれるということで背骨の部分の写真を撮らせて頂きました。もうこの背骨の状態をみるだけでも情報量がたくさんあります。

 

例えば

  • 背中全体をこすったのですが一部分だけ強く発赤しています。
  • よくみると背骨上が黒ずんでいる所があります。
  • 背筋が不明瞭な所があります。

もしご自身の子どもの背中をみるときに背中全体をこすってみて発赤がみられる部位や黒ずんでいる部位背骨が不明瞭な部位をチェックしてみるといいですよ。

おおよその目安として説明すると

  • 発赤部=悪い部位または背骨が凹んでる部位 
  • 黒ずみ=背中が凸している部位
  • 不明瞭な部位=腫れている部位または痛んでいる部位

悪い部位と痛んでいる部位は違うんだよと当院では説明する事が多いですが、背骨の診方でも様々な情報が隠れています。

上体起こし背筋をした状態の写真と比較してみると一目瞭然ですが、背筋が浮かび上がり良い盛り上げりの背筋状態となります。

競技力をあげる取り組みよりも重要なこと

競技力をあげるには姿勢はとても重要です。姿勢が悪い状態や必要な部位に筋肉がついていないと必ずケガをします。ケガをする人の多くは決まって、姿勢が悪く、代謝が悪く、筋肉の柔軟性も低下しています。

今回指導した背筋トレーニングのやり方①

今回は姿勢の改善に背筋を行ってもらっています。この状態の改善には本人の頑張りも重要ですが、しっかり取り組むことで基礎能力が上がり競技力の向上にも繋がります。

くまのて接骨院マーク
また経過を報告出来ると良いですね。

-トレーニング
-