心を整える

心を整える著書紹介

2019年12月11日

接骨院の主な業務内容としては、骨折・脱臼・ねん挫・挫傷の施療です。

主に軟部組織などの筋肉・腱の損傷に対しての治療を行うことで、直に喜んで頂くことが出来、とてもやりがいのある仕事だと個人的には思っています。また、身体をケアすることで、生活の質や競技力向上に繋げることも出来ます。

身体のケアをしていると心の在り方ひとつでも回復力が変わってくることがあります。

心のケア①自律神経

心に影響を与える神経のひとつに皆さまが良く聞くであろう自律神経というものがあります。

自律神経とは

延髄や脊髄から出る自分ではコントロールすることが出来ない神経です。運動神経は主に筋腱を支配していますが、自律神経は主に内臓器や血管の収縮作用と拡張作用をうまく拮抗させ身体の恒常性(バランス)を保っています。

自律神経にも開院当初から力を入れ取り組んでいますが、主に改善の方法としては

  • 冷えの改善
  • リンパの促進
  • 背中の改善

など血流を促し、胃腸の働きを促進させることで自律神経の働きのバランスを整える方法があります。

身体のケアをし、心に良い影響を与える方法として自律神経の改善はとても優位な効果を体感することが出来るはずです。

 

心のケア②メンタル

自律神経を整える以外にもメンタルを変えて、身体にいい影響を与えることも出来ます。

施術をしているとメンタル的に『美しい心』を持っている方の方が治りが早いです。逆に美しい心を持っている治療家の方が早く治すことが出来ます。

ここでいう『美しい心』というのは、以下の著書を参考にしています。

世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業

本には

美しい心の状態とは

  • 平穏、喜び、幸せを感じる
  • 自分のすべきことがはっきるわかる
  • 思考がクリア
  • 相手や周りの物事を含めた考えが出来る
  • 意識が今にある
  • 自然とクリエイティブなアイディアが生まれる

苦悩の心の状態とは

  • ネガティブな感情(怒り・悲しみ・寂しさ・嫉妬)が形を変えて現れる
  • 先が見えない、何をしたいのかわからない
  • 思考がごちゃごちゃ
  • 自分中心の考え
  • 意識が過去や未来にある
  • 相手を非難する声、自分を卑下する声が多い

どちらの状態が良いと言われれば、だれもが苦悩の心ではなく、美しい心の状態でいたいと思うはずです。

しかし、だれもが未来に悲観的になったり、だれかに言われた言葉で傷ついたり、この人とはしゃべりたくないとか、テレビやネットをみていてもなんだかこの人は受け付けられないな(嫌い)と感じる瞬間があるかと思います。

その苦悩の心の状態がなぜ生まれるのか考えたことはありますか?

  • なぜこの人が嫌いのなのか?
  • なぜその言葉に傷ついたのか?

この著書の4つのSTEPとして

  1. 自分が苦悩の状態にいることに気付く
  2. 心の声を見付けて行く
  3. 苦悩の正体を突き止め、自分が執着している理想像を突き止める
  4. 美しい心の状態で自分にとっての最適解を選択する。

とあります。

私としてはなるほどなと思うことが多々あったので、治療家としても大事なメンタルだと思い、この著書を紹介致します。

この本を読んで自分のメンタルの状態も良くわかりました。。

  • 未来ばかりに意識がいっていた
  • ある特定の些細な言葉でイラっとくる
  • ある特定の人が苦手

だれもが苦悩の状態に入りますし、治療する側として苦悩の状態で施術するメリットはありません。

私がこの本を読んで気付いた点は、意識が過去や未来に行ったり来たりしている苦悩の状態でいることが多い点、自分の執着している理想像がわかった点。

この本の最後にはメンタルを整えるメディテーションという方法が書かれています。

海外のスポーツ選手や経営者の多くの方がメンタル的な作法として、座禅を取り入れていますよね。だれもが判断に迷う瞬間があるのですが、その正しい判断をするためにも苦悩の状態で下す判断と美しい心の状態で下す判断では、その先の影響が変わってきます。

座禅は日本よりも海外の方が高く評価されてると思います。

この本をおすすめしたい人

  • 未来や過去ばっかり考えてしまう
  • 人の言葉や言動が気になってしまう
  • どうすればいいのかわからない
  • 理想が高い人
  • 何かに執着している人
  • イライラしてしまう人
  • いまこの瞬間を楽しみたい人

個人的に未来ばっかりに目が行ってる人よりも、今この瞬間を大事にしている人の方が何か惹かれます。

イチロー選手に惹かれるのも、全力で草野球に取り組むことが出来る姿勢や心を持ってるからだなと感じました。

未来の心配(お金の心配、完璧に治るのかなどの不安)や過去の苦悩(なんで痛めたしまったのか?あの時あんなことしなければよかった。もっと前からとりくんでおけば良かった)を抱えて治療を受けるよりも、美しい心をもって治療を受けてみてはいかがでしょうか。

私もこれから美しい心をもって治療に取り組もうと思います

-心を整える

Copyright© くまのて接骨院 , 2020 All Rights Reserved.