不調でお困りの方

不調の多くは血液の滞りが原因

血液を促すコンビネーション治療(3色の光+電気)や筋肉のポンプの働きを活性化させるストレッチ療法・食事により代謝を促進させる食事療法を組み合わせた根本治療を行います。

冷え症

冷えは『末端冷え症』『低体温』『脚冷え』『お腹冷え』の4タイプがあります。これら全部を同時に解消させることが最も効率が良いと考えます。対処法としては、血流の改善・代謝の促進・食事療法・筋ポンプ作用の改善・背中やお腹周りの解消・姿勢の改善・自律神経バランスの改善などがあります。当院では、施術・運動・食事・姿勢の解消により徹底した冷え改善の取り組みを行います。

脚のむくみ

脚のむくみ

むくみは細胞の隙間に水が溜まることが原因です。水のたまり場となっている細胞は機能低下をおこしており、水の受け口になってしまっています。当院で使用するコンビネーション治療はむくみにも有効で細胞を活性化させ水の溜まり場を解消する働きがあります。

肩コリ

肩や首にコリが発生し、血管や神経を圧迫することで肩コリを感じます。肩のコリを解消するには神経や血管の圧迫を解消すると同時に肩周りの筋肉をほぐし、血液やリンパ液が流れやすい環境を作ってあげることが大切です。施術やストレッチにより肩甲骨周囲のコリや循環を改善させていきます。

頭痛

頭痛の多くは身体の不調が原因で起こります。冷え・むくみ・肩コリ・胃腸障害・自律神経失調症などが頭痛と関連している事が多いです。当院では頭痛と関連するツボに近赤外線を照射し、血液が滞りやすい部位にはコンビネーション治療で循環を促進させていきます。胃腸の働きと関連する背中のツボも有効です。

自律神経失調症

自律神経は背骨から分布され各臓器や血管に影響を与えています。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスにより身体の機能のバランスを保っているのですが、自律神経失調所はこのバランスが崩れた状態です。自律神経は背中から分布されるために背中の緊張や姿勢の悪化は自律神経に悪影響を与えます。当院では背中の緊張を改善するためにコンビネーション治療を行います。上肢や下肢の血液循環の不良も自律神経のバランスが崩れる原因となるため、上肢が火照りやすく下肢が冷えやすい場合には下肢の循環をあげる必要もあります。

くまのて接骨院受付時間

© 2020 くまのて接骨院