カテゴリー別アーカイブ: travel/outdoor

矢倉岳

一時間圏内でいける気軽に登れそうな山にいってきました。

標高850m

出発点からの標高差400mちょい。

地蔵堂に車を停め登山口へ。

まだ緑の気持ちいい季節でした。

暑くも寒くもなくちょうど良い気候。割りと登山者も多い。

虫も多く花盛り。

本当は山頂から富士山が拝めるはずなのですが、あいにくの天気。左に見えるのは金時山かな?

山頂でのんびりしている人も何組かみられました。

私は早々に退散し、万葉公園の方からぐるっとまわって帰ることに。

あまりにも気持ちのよい下り坂。ちょっと走ることに。

携帯はポッケに。

下ること5,6分。

入れたはずの携帯がないことに気付く。

すれ違ったのは一組。

戻り探しても、どこにもない。

考えられることは、勢いあまって転がったか。すれ違った一組が拾ってくれたか。

後者にかけ、下山を決めました。

駐車場近くの公衆電話からかけたが繋がるが出ない。

山の中か?でも、山なら圏外じゃないか。

もう一度かけたら・・・

拾ったものです。

電話に出てくれました。

助かりました。ありがとうございます。

色々疲れた山旅となりました。

peti trip 石和温泉

久々?の小旅行へ。

愛宕山(あたごやま)という公園になっている場所から天気もよく富士山が綺麗に見えました。

甲府のこの山に囲まれている盆地が好きですね。

wpid-wp-image-445376311jpg.jpg
紅葉ももう終わりかと思ってましたが、ちょうどいい感じです。

isawa1

澤田屋の生の黒玉頂きましたが、絶品です。

isawa2

圏央道ができてから中央道や関越道へも楽に乗れるので、随分アクセスがよくなりましたよね。

温泉はたまに行くのですが、こちらの深雪温泉かなりおすすめです。

wpid-img_20160515_104527.jpg

見城~日向山 里山ハイキング

久しぶりに。
里山ハイキングしてきました。

こういうスタイルのハイキングが一番好きかもしれません。

自宅から40分。厚木の広沢寺温泉に車を停め、見城へと足を進めます。

季節も気温もちょうど良いからか駐車場は満車でした。

image

見城への入口。

image

新緑に包まれて気持ちが良い。
どこまでも行けそうな気がします。

image

このコースは人があまりいなくておすすめです。
広沢寺の駐車場は満車だったので、もう少し人がいると思ったのですが。

標高も高くないため、どんどん突き進めます。

image

見城山頂はちょっと寂しい感じです。

ここから日向山まで向かいます。
アップダウンもさほどなく、走りたくなるような陽気。

image

日向山を抜けると分岐に。
ここから大山の方までいけるバリュエーションルートがあるんですね。
今度日向薬師の方に車を停めていってみよー。

image

日向薬師寺は初めて来たのですが、ちょうど茅葺きを新しくしていました。
かなり綺麗な仕上がり。
これは秋口の紅葉時期にはテンション上がりそうです。

image

そのとなりにあった杉の木。
ここまで立派な杉はなかなか見ごたえがあります。
樹齢800年というから驚木です。

image

image

七沢温泉の方で目当てのお店にがあったのですが、やはり満席。
ということで、隣のお店に。
こちらで、アイスコーヒーを頂きましたが、自然の水でつくられた珈琲は一味違います。

七沢から広沢寺のほうへ向かい。無事に下山。

楽しいハイキングでした。

 

距離八キロ。

https://yamap.co.jp/activity/336134

IMG_3002.JPG

鍋割山バリュエーションルート

寄~雨山峠~鍋割山~後沢乗越~寄

なぜ山に登るのかそんなことが少し分かったような気がした。

一生懸命山に登って追い込んでもなんだか最近面白くない。
汗かいて山頂に立ってもなんだか達成感が薄い。

何故自分は山に登ってたんだけか。

今日は寄(やどりきと読む)から雨山峠から鍋割山を目指し、後沢乗越からバリュエーションルートで寄を目指しました。

鍋割山の山頂には人がたくさんいましたが、私が通ったルートはおじさんグループとソロの男性二組。

というか、こんな面白いルートがあるとはびっくり。

川を何度も渡り、渡渉(としょう)し、本当に冒険しているような感じ。
静かだし、人ともすれ違わない。耳をすませば、鳥のさえずりと川の音しか聞こえない。

いつもなんとなく面白くないから走って自分を高めていたけど、渡渉するドキドキ感となんともいえない高揚感がそこにあった。

ちょっとした不安とスリルが面白いことに気づく。
誰もいないルートを地図を見ながらドキドキする。
渡渉する時に橋が崩れるんじゃないかとドキドキする。

山の楽しみ方が変わった。そんな山業でした。

終わり。

スタート地点にはこんな看板。親切なだけあって、リボンはいたる所にあります。迷いやすいようで、迷いやすい所は無かったように思います。

IMG_3027.PNGなんかもののけ姫っぽい。

IMG_2969.JPG   こんな感じの橋が多くあり何度も渡渉する。IMG_2985.JPG
枯れた落ち葉が赤いコントラストに
IMG_2986.JPG日が出た時にはヤマツツジが良い感じ。

IMG_2980.JPGヤマツツジ

IMG_2981.JPGヤマザクラ

IMG_2988.JPG鍋割山山頂。たくさんの人。

IMG_3002.JPGほとんど待たずにゲット。やっぱり麺つゆ最強だな。山にいるとせっかちになるのだろうか。私も含めて。どこか山の主人はせっかちで冷たく感じる・・

IMG_3004.JPG後沢乗越から西側ルート。意外と整備されているようで、迷うところはほぼ無かったように感じます。

IMG_3008.JPG

IMG_2728.JPG

陣馬からの高尾トレイル

久々に行ってきました。
17km 2時間40分

高尾山は避けて、最後は南側の6号コースを通りました。

(null)

車は高尾山口の薬王院の駐車場をお借りしました。一日500円。

高尾山口駅まで歩き高尾駅からバスで陣馬下まで行きました。540円

ハイクする人は10人程。

北側に位置するので、陣馬は一番雪が残っていました。
一応チェーンアイゼンは持ってたのですが、そこまで急登な斜面や滑落するようなポイントもないので、装着せずにいきました。

(null)

難所は陣馬までひたすら登るくらいで後は、気持ち良く走れますねー。

(null)
人もそこまで多くは無かったですが、トレランとハイキングではペースがやはり違うので、なるべく人とすれ違う時はペース落としたり声掛けたりしてましたが、あまりにも待てず途中10人グループの横通った際にちょっとグチャグチャだったんですかねー。。
おばちゃんに水掛かった?!みたいで、ちょっと怒られてしまいました。

すんませんね。

でも、大人数でペース遅い時は後ろにも気を遣ってもらいたいですねー{(-_-)}

あとは、最後の6号コースに謎の小学生。
何故か一人だし全然追いつけないどころかぶち抜かれました。
最後に下山した所で声掛けさせてもらったというか声掛けくれて、話しを聞いたら親の乗るロープウェイより早く降りたかったんだとさ。

結構私本気で抜きに行ったんですどねー。。

(null)

装備
トップス patagonia capline4

インナー finetrack フラッドラッシュスキンメッシュT

ボトムス houdini

ザック ultra direction

シューズ inov8

日々の食事の摂り方で随分身体の軽さや負担のかかり方が違いますね。
もっとしっかりした理論を確立させて皆さんにご紹介したいと思います。

IMG_2547.JPG

トレイル納め

如何お過ごしでしょうか?
私はいても立ってもいられず、去年とお馴染みのトレイルコースを走ってきました。

少し私のおすすめプランをご紹介致しましょ!

距離11500m
活動時間2時間20分
標高差約1000m

IMG_2555-1.PNG

大雄山最乗寺に車を停める予定でしたが、年末で車両規制していることを忘れておりました。

後で利用することを考えおんりーゆーに停めさせてもらってそこから明神ヶ岳を目指すことに。

最乗寺はかなり敷地が広く。お気に入りのお寺の一つ。

おんりーゆーも何回も足を運んでおり、明神ヶ岳いったらおんりーゆーでまったりする。
それが私のおすすめプラン。

IMG_2552.JPG

去年は大雪でここ明神ヶ岳にも雪が降っていました。

行きの行程はひたすら登り。
疲労が溜まらない身体は理想の身体なのですが、今回は乳酸の溜まらないように意識して登ったせいか、山頂までの6km程の道のりでは、コントロールして登れました。

乳酸が溜まりやすい筋肉ってのは、自分でも確認することができます。
押すと痛い。伸ばすと痛い。これらの筋肉をストレッチや食事などであらかじめコントロールしておくことが重要です。
疲労が蓄積しない筋肉を目指しましょう!

明神ヶ岳は比較的人がいない。
登りでは3.4人とすれ違い。
山頂には7.8人。
下りはマイナールートだけあって、誰ともすれ違いません。

そして、山頂までいくと富士山が目の前に見えるのもまたありがたい。

IMG_2547.JPG

下山後はおんりーゆーへ。
おんりーゆーは料金少し高めなのですが
時間制限もないし、タオルや室内着も付いてきて、自然に囲まれたなかで温泉に入れます。
温度は、低めに設定されており、38度。
40度以下のお湯は自律神経の働きを抑制させてくれて、リラックス状態に持っていくことができます。

朝から夜までいれば、料金もかなりお得感はありますね。

今年は少しずつ体力がついて来てる感じがします。
身体も不調を感じることが少なくなり、以前あったドライアイや鼻詰まり、鼻炎も一昨年あたりから鼻詰まりが解消され、ドライアイも夏あたりから解消されています。
来年は手の冷えを改善出来れば、不調はほぼ無くなる様に思います。

身体を鍛えようと思うと大きな筋肉をつけようと考えがちですが、大きな筋肉は疲れやすく、もろい。
やはり、持久筋をうまく鍛えることで、身体の不調も改善されていきます。