カテゴリー別アーカイブ: travel/outdoor

矢倉岳

一時間圏内でいける気軽に登れそうな山にいってきました。

標高850m

出発点からの標高差400mちょい。

地蔵堂に車を停め登山口へ。

まだ緑の気持ちいい季節でした。

暑くも寒くもなくちょうど良い気候。割りと登山者も多い。

虫も多く花盛り。

本当は山頂から富士山が拝めるはずなのですが、あいにくの天気。左に見えるのは金時山かな?

山頂でのんびりしている人も何組かみられました。

私は早々に退散し、万葉公園の方からぐるっとまわって帰ることに。

あまりにも気持ちのよい下り坂。ちょっと走ることに。

携帯はポッケに。

下ること5,6分。

入れたはずの携帯がないことに気付く。

すれ違ったのは一組。

戻り探しても、どこにもない。

考えられることは、勢いあまって転がったか。すれ違った一組が拾ってくれたか。

後者にかけ、下山を決めました。

駐車場近くの公衆電話からかけたが繋がるが出ない。

山の中か?でも、山なら圏外じゃないか。

もう一度かけたら・・・

拾ったものです。

電話に出てくれました。

助かりました。ありがとうございます。

色々疲れた山旅となりました。

peti trip 石和温泉

久々?の小旅行へ。

愛宕山(あたごやま)という公園になっている場所から天気もよく富士山が綺麗に見えました。

甲府のこの山に囲まれている盆地が好きですね。

wpid-wp-image-445376311jpg.jpg
紅葉ももう終わりかと思ってましたが、ちょうどいい感じです。

isawa1

澤田屋の生の黒玉頂きましたが、絶品です。

isawa2

圏央道ができてから中央道や関越道へも楽に乗れるので、随分アクセスがよくなりましたよね。

温泉はたまに行くのですが、こちらの深雪温泉かなりおすすめです。

wpid-img_20160515_104527.jpg

見城~日向山 里山ハイキング

久しぶりに。
里山ハイキングしてきました。

こういうスタイルのハイキングが一番好きかもしれません。

自宅から40分。厚木の広沢寺温泉に車を停め、見城へと足を進めます。

季節も気温もちょうど良いからか駐車場は満車でした。

image

見城への入口。

image

新緑に包まれて気持ちが良い。
どこまでも行けそうな気がします。

image

このコースは人があまりいなくておすすめです。
広沢寺の駐車場は満車だったので、もう少し人がいると思ったのですが。

標高も高くないため、どんどん突き進めます。

image

見城山頂はちょっと寂しい感じです。

ここから日向山まで向かいます。
アップダウンもさほどなく、走りたくなるような陽気。

image

日向山を抜けると分岐に。
ここから大山の方までいけるバリュエーションルートがあるんですね。
今度日向薬師の方に車を停めていってみよー。

image

日向薬師寺は初めて来たのですが、ちょうど茅葺きを新しくしていました。
かなり綺麗な仕上がり。
これは秋口の紅葉時期にはテンション上がりそうです。

image

そのとなりにあった杉の木。
ここまで立派な杉はなかなか見ごたえがあります。
樹齢800年というから驚木です。

image

image

七沢温泉の方で目当てのお店にがあったのですが、やはり満席。
ということで、隣のお店に。
こちらで、アイスコーヒーを頂きましたが、自然の水でつくられた珈琲は一味違います。

七沢から広沢寺のほうへ向かい。無事に下山。

楽しいハイキングでした。

 

距離八キロ。

https://yamap.co.jp/activity/336134

IMG_3002.JPG

鍋割山バリュエーションルート

寄~雨山峠~鍋割山~後沢乗越~寄

なぜ山に登るのかそんなことが少し分かったような気がした。

一生懸命山に登って追い込んでもなんだか最近面白くない。
汗かいて山頂に立ってもなんだか達成感が薄い。

何故自分は山に登ってたんだけか。

今日は寄(やどりきと読む)から雨山峠から鍋割山を目指し、後沢乗越からバリュエーションルートで寄を目指しました。

鍋割山の山頂には人がたくさんいましたが、私が通ったルートはおじさんグループとソロの男性二組。

というか、こんな面白いルートがあるとはびっくり。

川を何度も渡り、渡渉(としょう)し、本当に冒険しているような感じ。
静かだし、人ともすれ違わない。耳をすませば、鳥のさえずりと川の音しか聞こえない。

いつもなんとなく面白くないから走って自分を高めていたけど、渡渉するドキドキ感となんともいえない高揚感がそこにあった。

ちょっとした不安とスリルが面白いことに気づく。
誰もいないルートを地図を見ながらドキドキする。
渡渉する時に橋が崩れるんじゃないかとドキドキする。

山の楽しみ方が変わった。そんな山業でした。

終わり。

スタート地点にはこんな看板。親切なだけあって、リボンはいたる所にあります。迷いやすいようで、迷いやすい所は無かったように思います。

IMG_3027.PNGなんかもののけ姫っぽい。

IMG_2969.JPG   こんな感じの橋が多くあり何度も渡渉する。IMG_2985.JPG
枯れた落ち葉が赤いコントラストに
IMG_2986.JPG日が出た時にはヤマツツジが良い感じ。

IMG_2980.JPGヤマツツジ

IMG_2981.JPGヤマザクラ

IMG_2988.JPG鍋割山山頂。たくさんの人。

IMG_3002.JPGほとんど待たずにゲット。やっぱり麺つゆ最強だな。山にいるとせっかちになるのだろうか。私も含めて。どこか山の主人はせっかちで冷たく感じる・・

IMG_3004.JPG後沢乗越から西側ルート。意外と整備されているようで、迷うところはほぼ無かったように感じます。

IMG_3008.JPG