肩の正常な可動域とは

肩関節に痛みを伴っている場合、多くは肩関節の可動域を制限している場合が多々あります。

そして肩関節の可動域が狭くなっている事に気付いていない患者さんや施術者も多くいます。

肩はまっすぐ上に180度あげることが出来れば正常な範囲ですが、肩を外旋(手を前に伸ばし手のひらを上に向けた状態)した状態で180度あがる必要があります。

こういった症状も施術によりその場で可動域が拡がる事を実感して頂けます。