サッカーに必要なストレッチ講習

最初はどのくらい耳を傾けてくれるのか不安だったのですが、みんな本当に真面目に聞いてくれて思い通りのリアクションをしてくれるので、とても良い講習になったのではないかと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

資料内容は『小学生に多いケガ』『その原因と対処法』『関節の動きをよくする方法』『サッカーに必要なストレッチ』

からだの関節がスムーズに動く事でサッカーに必要なピード・パワー・バネ・技術力・体力・持久力の向上に繋がる

 

一様に硬さが目立つのが前屈と後屈。地面に指が届く子が半分もいなかったと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストレッチは大まかにわけ、全部で12種類おこないました。

ストレッチ後は体が軽くなる事がすぐに体感できるので、左右差を比べてもらいストレッチの効果をその場で感じてもらい、ストレッチの大切さを体で覚えてもらいます。

全部のストレッチを終えると、大体の子が地面に指が届くようになっていたかと思います。

昼間の暑い時間帯だったので、こちらがバテそうでしたが、子どもたちはそのまま練習へ。

小学生くらいだと体が動く事がそのまま結果に結びついてくれると思うので、是非継続してストレッチを行ったもらいたいと思います。

私が接骨院を目指した原点にケガを予防したいという思いがありました。こういう活動が色々な部活動単位や学校単位で今後も続けていければいいなと思えた講習となりました。

バスケ観戦

今の時期高校生は最後の大会。

久しぶりに観に行ってきました。

もちろん希望が丘の応援。私の高校の時の恩師がいま希望が丘で顧問しており、選手のケアやストレッチ講習なども行ったことがあります。

結果は。。惜しくも負けてしまいましたが、とても良い試合でした。

第2クォーターさえくずれなければ。。と傍目からみると思ってしまいますが、後半も勢い失わずちょっと盛り返したのですが届かず、ちょっと心に響くものありみに来てよかったなと思いました。

やはり選手個々のパフォーマンスの向上は、女子バスケは特に結果に影響を与えることになりますね。

いかにパフォーマンスを効率よくあげるかサポートする側にとっては永遠の課題でしょうね。

矢倉岳

一時間圏内でいける気軽に登れそうな山にいってきました。

標高850m

出発点からの標高差400mちょい。

地蔵堂に車を停め登山口へ。

まだ緑の気持ちいい季節でした。

暑くも寒くもなくちょうど良い気候。割りと登山者も多い。

虫も多く花盛り。

本当は山頂から富士山が拝めるはずなのですが、あいにくの天気。左に見えるのは金時山かな?

山頂でのんびりしている人も何組かみられました。

私は早々に退散し、万葉公園の方からぐるっとまわって帰ることに。

あまりにも気持ちのよい下り坂。ちょっと走ることに。

携帯はポッケに。

下ること5,6分。

入れたはずの携帯がないことに気付く。

すれ違ったのは一組。

戻り探しても、どこにもない。

考えられることは、勢いあまって転がったか。すれ違った一組が拾ってくれたか。

後者にかけ、下山を決めました。

駐車場近くの公衆電話からかけたが繋がるが出ない。

山の中か?でも、山なら圏外じゃないか。

もう一度かけたら・・・

拾ったものです。

電話に出てくれました。

助かりました。ありがとうございます。

色々疲れた山旅となりました。

結果にこだわる。

いまの時期高校生は一試合一試合が大事な試合になってきます。

どこかに痛みを伴っていたり、直前で思わぬアクシデントに見舞われたり。

そこでいかに治療において結果を出してあげれるか。

くまのて接骨院は結果にこだわり結果に応え、それが直接選手の結果にも結び付いてくれる事が一番私としても喜びを感じれる部分であります。

頑張れ~!