【症例1】

半腱半膜様筋腱移行部の損傷(ハムストリングス内側の肉離れ)

半腱半膜様筋

筋肉は赤く血流豊富な為、比較的治癒しやすい。

腱は白く血流が少ないため、治癒しずらい。

そもそも腱を痛める程の負荷をかけなければ痛める場所ではない為、それだけ負荷をかけているということを理解する必要がある。

陸上やサッカーに多いケガの部位で、再受傷しやすい。

固定や安静は思うような効果が得られない為、より適切な処置が必要となる。

とにかく筋肉や腱の柔軟性をあげ、血流をあげていく必要がある。

【処置】
スーパーライザーは深部まで照射することが出来る為、腱の両サイドから照射する事で驚くほど早期に痛みを改善する事が出来る。この時の患者さんは長距離ランナーであったが、治療した翌日にランニングしてもらったが痛みは無く、上り坂で違和感残存するのみであった。